2018年6月25日 (月)

ケネス・アーノルド事件〜

ケネス・アーノルド事件〜
おは〜(/▽\*)

まな板を買ってきた私です
(*''*)

木!木!木ですっ♪


あはは…


面倒くさい物
買っちゃった…

どうしよう…


あ〜あ…


んでっ〜今朝はケネス・アーノルド事件のお話♪


夏のオカルト特集…

UFOです♪


ケネス・アーノルド事件 は、
1947年6月24日
アメリカ合衆国ワシントン州で起こったUFO遭遇事件です。

この事件により「空飛ぶ円盤(フライングソーサー)」というイメージや呼称が世間に定着しました。

1947年6月24日
アメリカ人のケネス・アーノルド (Kenneth Arnold) は、

アメリカワシントン州カスケード山脈レーニア山の上空、高度2900mを自家用機で飛行していました。

前日に消息を絶った海兵隊の輸送機の捜索の為です(奨金5000ドル目当てらしい)

午後2時59分頃、アーノルドはレーニア山付近の上空を、
北から南へ高速で飛行する9個の奇妙な物体を目撃しました。

物体は一直線に繋がっており、アーノルドは最初ジェット機かと思いましたが…

物体は、平たい形状で、翼があり、無音で飛行していました


地元のマスコミはその物体を

空飛ぶ円盤 (Flying Saucer)

と名付けて大々的に報道

その後も同様の目撃が相次いで報告されます。

これを受け、FBI長官ジョン・エドガー・フーウ゛ァーは6月30日にUFOの目撃を調査するプロジェクトを発足させました。


調査当初は、鳥や気球を見間違えたのではないかと思われましたが


1947年7月6日、
日刊紙の記者デビッド・ジョンソンは、ケネス・アーノルド事件の追跡調査にあたった際

ジョンソンはアーノルドの親友で、アーノルドが嘘をつく様な性格ではない事を知っており

彼が見た物体は存在する、と考えていました。

その結果、ジョンソンも追跡調査中に未確認飛行物体を目撃することになってしまいます。


ジョンソンは自家用機を操縦して、アーノルドが円盤を目撃した地域を飛行し

捜索を行っていました

そして「きわめて不規則な動きをする黒い円型の物体」を目撃します。

同時刻に気球が飛ばされていないことを確認したジョンソンは

カメラ撮影をするため飛行物体に近づいたのですが

飛行物体はゆっくりと横転、その直後、瞬時に姿を消してしまいます。

結果、撮影は失敗しました


また、別の調査により、この地域付近の飛行場職員数名もジョンソンと同様に、
黒い円盤形の飛行物体を目撃していたことが判明。

後日、ユナイテッド航空の機長も、同じ空域で同様の物体を目撃しています。

アメリカ空軍が、この事件の調査をしましたが

ジョンソンが証言通り
未確認飛行物体を目撃した事は間違いないという結論に至りました。


実は、第二次世界対戦中に

フーファイターと呼ばれる未確認飛行物体が戦場で多数目撃されており

ケネス・アーノルド事件をFBIや軍が調査したのは、これも遠因となっています

ちなみにケネス・アーノルド事件を記念して

6月24日は「UFOの日」とされています


アーノルドは記者会見で、飛行物体を
「水面をはねるコーヒー皿のような飛び方をしていた」

と証言しました


しかし、それが

「コーヒー皿のような物体だった」

と誤って伝えられてしまい、

「空飛ぶ円盤(フライング・ソーサー)」の呼び方が出来てしまいます


アーノルドは
円盤とは
一言も言っていないんです

そしてこの事件以降

何故か円盤型のUFOの目撃例が多くなりました


私としては
UFOは否定しにくいんですよ〜('')

何しろ、
当時や今の技術レベルでも
似た物が作れますから♪


まあ、宇宙人は乗ってないと思いますけど(/▽\*)

2018年6月24日 (日)

柳〜

柳〜
こんっ(/▽\*)

何か、風邪気味な私です(*''*)


寒くないですか!?

昼間は暑いけど…
夜は寒い…


冷やされたり…
暖められたり…


みんな気を付けてね〜
(’-’*)♪

んでっ〜今夜は柳のお話♪


夏のオカルト特集〜


よく、柳の側に出るって言われます

ヤナギ(柳:英:Willow)は、ヤナギ科ヤナギ属の樹木の総称です。
世界には約350種あり、主に北半球に分布しています。

中でも、日本では
一般にシダレヤナギを指すことが多い。
シダレヤナギは

古くから都市の街路樹としてよく用いられました。
その為に、ヤナギと言えばシダレヤナギを指すことが多いんです。

ヤナギ並木などは、まず確実にシダレヤナギです

多くのシダレヤナギは
都会の水辺、水路沿いや井戸などに植えられたため、
井戸に出る幽霊にはシダレヤナギがつきものになっています

柳の木の下には幽霊が出るという迷信は、
夜間に風で揺れ動く柳の枝を誤認したところから来ていると思われます

この様なお話があります♪

江戸時代のお話です。
ある河原のシダレヤナギの下に
赤子を抱いた女が
真夜中にかかわらず立っていました。

そのシダレヤナギの下を通る人間に女は話しかけます

「あの…髪の毛をとかす間だけ赤子を抱いていていただけないでしょうか?」

通行人が赤子を抱くと


女は髪の毛をとかし始めます

すると赤子の頭がみるみる大きくなり
遂には抱いていた通行人を頭から飲み込んでしまったのです。


こんな事件が何回も起きるので
その河原を通る者はいなくなりました。


ある日、1人の侍が急用の為
幽霊の出る
シダレヤナギの道を通った時です。

案の定、女の幽霊が赤子を抱いていてほしいと頼んできました。


侍「こやつが噂の女幽霊か……… 」


侍は冷静に赤子を抱き上げました

するとやはり女は髪の毛をとかし始めます


しかし、侍は赤子の形相が変わった瞬間、刀の刃を赤子の顔に突きつけたのでした。


すると、何故か赤子の顔は愛らしい顔にもどっていきます。

女の幽霊は、

「有難う御座いました。おかげで髪をとかすことが出来ました。この恩はまた今度お返しいたします。」

こう言うと女は消えていったのでした……。


侍はと言うと…

その後、瞬く間に剣の腕が上がり

有名な剣客となり

自分の道場をもつほど出世したそうです

なにこれ…


つまり、
成功か死か


って事ですよね.


((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

2018年6月23日 (土)

エクソシスト〜

エクソシスト〜
こんっ(/▽\*)

そろそろ
蝉が鳴きそうですね

あれが鳴かないと
夏の実感が湧きませんです♪


ちなみに
私の所は
まだ鳴いてません

何か
明日から雨らしい…

まぁ、梅雨だからね〜(’-’*)♪


んでっ〜今夜はエクソシストのお話♪

夏のオカルト特集…


数が激減してます♪


ヴァチカンはエクソシストの教育と訓練を行っています。

ローマを本拠地とする
カトリックの教育機関、教皇庁レジーナ・アポストロルム大学で、簡易講習が開講されました。

内容は、悪魔祓いと解放の祈り

つまり、憑依状態の解放
そして、祈祷文の講習らしいです。


しかし、あくまでも簡易講習です


エクソシスト(exorcist)は、キリスト教、特にカトリック教会の用語で、エクソシスムを行う人です。

エクソシスムとは
誓い、厳命を意味するギリシャ語で、

悪魔にとりつかれた人から、悪魔に命令して追い出し正常な状態に戻すことを言います。


かつてはカトリック教会の下級階級の一つでした


カトリック教会の場合

エクソシストは、カソック、サープリス、紫色の頸垂帯を着用します。

悪魔祓いの正式な規則は『ローマ典礼儀礼書』に記されており、

どのような場合でも、
まず、エクソシストは訪れて来た依頼者が
悪魔に憑かれているのか、妄想なのかを見極めなければなりません

特に精神性の疾患でないかを注意深く検討します


任務を引き受ける場合
司祭が行います

司祭は、清廉潔白、思慮深く、謙虚である事。

行う前に、特に重要なのは祈祷と断食をする事。


悪魔祓いは、教会の規定に則って行ないます


憑依された者に、祈祷、断食、告解、聖体拝領による悪魔祓いをしたいという気持ちを起こさせなくてはならなりません。


悪魔祓いは、礼拝堂、教会、教会内の礼拝用の小部屋で、十字架とマリア像を備え、少人数で行ないます


儀式は聖水の散布

そして、悪魔に憑かれた者に十字架を掲げ
祈祷を行います。

この時、取り憑いた物の真名を聞き出す事もあります


悪魔の排除が1度で達成されない場合、儀式を繰り返し行ないます


日本とは違いますね♪


エクソシストに限らず
どんなお祓いでも

よく、1回で祓えるとか信じられてますが…


普通は
かなりの回数が必要なんですよ♪

2018年6月22日 (金)

AI〜

AI〜
おは〜(/▽\*)♪

網戸の網を張り替えた私です

いや、日曜日に張り替えたんですが…


疲れた…


ネコちゃんを飼ってる人は解ると
思いますがっ!

思いますがっ!

ネコちゃんって…

網戸で爪を研ぐんですよ〜
(’-’*)♪


爪研ぎがあるにも
かかわらず…


研ぐんですよ〜
(’-’*)♪


だから、網戸
ボロボロ♪


その後、ネコちゃんは
私の背中に登って来ます…

なにこれ…
怒れないじゃない…


で…
夏になったから
張り替えないとね〜


んでっ〜今朝はAIのお話♪


夏のオカルト特集…

AIは、前に書いたと思うんですが…ね

AI、人工知能(じんこうちのう:英: artificial intelligence)は、コンピュータによる知的な情報処理システムの設計
実現に関する研究分野を指します。


基本的には
人間の知的思考能力をコンピュータ上で実現する為の、
技術・ソフトウェア・コンピューターシステムをさします。

装備されている機能は

自然言語処理

推論、判断をするソフトウェア

データベース化

画像データ解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等があります。

1956年にダートマス会議でジョン・マッカーシーにより人工知能(AI)と命名されました。


AIは現在、自らの経験を元に学習を行う強化学習という手法が使われています

2006年のディープラーニング(深層学習)の登場と2010年以降のMAZEデータの登場により、実用に耐えられる物が登場しました


2016年から2017年にかけて、ディープラーニングを導入したAIが
囲碁や将棋のトップ棋士、さらにポーカーの世界トップクラスのプレイヤーも破り、

現在は最先端技術と
みなされる様になります。

人間の為、有益な使い方が可能なAIですが、

ある日、アメリカ合衆国ペンシルベニア州、カーネギーメロン大学の研究チームが

高度なニューラルネットワーク(AI)に無差別殺人をするように教え
シュミレーションをしてみました。

すると、そのAIは人間のように画面を精査して行動し、

人間を制圧するのに
それほど時間はかからなかったのです


恐ろしい事に
アメリカやロシア等の先進国はAIを使用した兵器を研究中です

日本もAIを載せた戦闘機等の兵器を研究中です


当然、これらは無人で動きます


ちなみにホーキング博士は
AIを警戒していました♪

2018年6月21日 (木)

黒い目の子供たち〜

黒い目の子供たち〜
こんっ!
(/▽\*)

アサガオの芽が出ましたっ♪

ってか〜

朝は芽なんて出てなかった…

1日で双葉まで成長するの!?

まあ、植物に限らず
どんな赤ちゃんも
エネルギーがたくさんあるからね♪

………


棒…

探さなきゃ

んでっ〜今夜は黒い目の子供たちのお話♪


夏のオカルト特集…


子供たちです♪

黒い目の子供たち(英:Black Eyed Kids(通称BEKs))とは
一見、普通の人間の子どもの様に見えますが、白目がなく
目にあたる部分が全て黒くなっている
生物と思われる者です。

いきなり他人の家の中に入れてくれと玄関の戸を叩いたり、
車で送って欲しいとせがみます

断ると、とたんに激怒します。


初めて目撃されたのは

1998年
ジャーナリストであるブライアン・ベテル氏です。

彼は駐車場に駐車した時

シャツのフードを深めに被った10〜14歳位の少年2人に、いきなり車の窓をノックされました。

その少年達は
「家まで送って欲しい」
と頼んで来たのですが

ベテル氏は少年たちの顔を見たとたん恐怖します


2人の少年の目は

まるで穴が開いているように黒一色になっており
一切、白目がありませんでした

ベテル氏が少年たちの頼みを拒否すると、少年たちは「ドアを開けて入れろ!入れろ!入れろ!」と怒鳴りあげて来たそうです。

危険を察知したベテル氏は慌てて車のエンジンをかけ、駐車場から逃げ出しました。


彼は後に、この不気味な出来事をコラムとして掲載します。

その後、大きな反響があり
同じ様に黒い目の子供たちを目撃したという声が急増しました。


2008年には、カンザス州・ハッチンソンで、
ケイティーという女性が仕事から自宅に帰宅した時

2人の少年に遭遇します。

この少年たちは数ヵ月前から付近で目撃されており、
不気味に思ったケイティーは少年たちに
「なぜ、私の敷地に入ったのか?」と訪ねると

「電話を貸して欲しかったんです」と答えます。

いっそう不気味に思ったケイティーが「電話は持っていない」と答えると、
少年たちは今度は「水が欲しいんです」と言ってきます。

この時、彼女は少年たちの目に白い部分がなく、全てが黒い事に気がつきました。

ケイティーが黙っていると

まもなく少年たちは
何処かに行ってしまったそうです

他にも
2012年にスコットランド・スタッフォードシャーにて黒い目の子供たちが目撃されています


多くの目撃例がある黒い目の子供たちですが

子供たちの正体は不明です


可能性として、カラーコンタクトを使ったイタズラか

もしくは
最初の目撃者ベテル氏がコラムを執筆した際に、黒い目の子供たちを創作したと思われます

もし、ホントにいたら

それは幽霊さんかもしれません〜
(’-’*)♪

2018年6月20日 (水)

ニンゲン〜

ニンゲン〜
ニンゲン〜
ニンゲン〜
こんちゃっ!
(/▽\*)

サッカー?

19日ロシア・サランスクのサッカーW杯ロシア大会で

日本対コロンビアは、日本が2-1でコロンビアに勝ちました

です♪

でも、初戦でしょ♪

あまり喜ぶと
事態が悪い方へ転がっていくのも

よくある話〜


そーっと
しておきましょうね♪


勝利の女神は気まぐれだから♪


んでっ〜今日はニンゲンのお話♪


夏のオカルト特集…

化け物です♪

ニンゲンは、インターネット上で創造された、未確認生物です

都市伝説になっています。

海中にすむ生物であり
南極に出現するものは「ニンゲン」、北極に出現するものは「ヒトガタ」と呼ばれます。


ニンゲンは、日本の調査捕鯨船の乗組員が目撃したとされており、

外見は細長く、全身が真っ白で全長数十メートルの生命体。

人間の様な長い腕と指を持っており

あまりにも大きい為、写真撮影しても氷山の様にしか見えません

ニンゲンの表皮は滑らかで不定形であり
明らかに人工物ではない

過去、Google Earthにニンゲンが写りこんでいるという話もあります。(現在は見つけられません)


ニンゲンは上記以外にも
複数のタイプがあり

人間同様、両手両足がそろっているもの

五本指の両手があり足がヒレになっているもの。

人間の上半身が連結したような形になっているもの。

などがあります

実は、クジラの新種と思われており


ニンゲンやヒトガタは
調査捕鯨の科学的な信憑性が揺らぐため、その情報は隠蔽されていると言われています


クジラ(鯨、Whale)は哺乳類のクジラ目、あるいは鯨偶蹄目の鯨凹歯類に属する水生動物の総称で
魚類ではなく


クジラ類の鰭(ヒレ)の構造は基本的に
陸上哺乳類の前足の構造と同じで、
クジラ類が尾鰭を使って水中を泳ぐ際の背骨の上下方向の運動は、
陸上哺乳類が駆ける時の背骨の運動に類似する事から、クジラ類と陸上哺乳類は共通の特徴があります

つまりクジラ類は古代の陸上哺乳類の子孫で、初期は陸上にすみ
肉食で手足や指、爪がありました

都市伝説ですが〜

いたら面白いですね

2018年6月19日 (火)

お化け屋敷〜

お化け屋敷〜
おはようございます

被災された方には
御見舞い申し上げます。

んと
西から天気は下り坂ですね

大雨が降りそうだとか


何で、このタイミングで…(;-;)


んでっ〜今朝はおばけ屋敷のお話♪

おばけ屋敷〜♪

お化け屋敷(おばけやしき:英:haunted house)は、お化けの出そうな状況を建物内に作り

訪れる客に恐怖心を与える目的で製作された日本の娯楽施設です

日本以外の国にも
類似の娯楽設備があります

最初の常設展示お化け屋敷と言われているのは

1835年、ロンドンで蝋人形作家マリー・タッソーが作った「Chamber of Horrors」(マダム・タッソー館)といわれています。

1830年、日本でも東京都大田区大森の医者の瓢仙が「大森の化け物茶屋」を自宅の庭に製作し
これは、日本のお化け屋敷の原型と言われています

ちなみに、遊園地に常設された最も古いお化け屋敷は
昭和30年代に宝塚ファミリーランドに作られました。

お化け屋敷は、
映像、音響、動く人形や品物
扮装した役者を駆使し、

利用者に対し幽霊や怪物に対する恐怖を

「疑似体験」

させ、楽しませる事を目的としています。

したがって、遊園地等に常設される事が多い。


実は、幽霊さんは寂しがり屋が多いので

人がたくさん来る建物に集まる事があります


浅草寺の横にある遊園地「浅草花やしき」には本物が出ると噂が…

1853年に開園した、古い遊園地です


歴史が長い浅草花やしきは、世界大戦や関東大震災なども経験しており、

園内では不思議な出来事がよく起こると言われていました。

中でも「お化け屋敷」があった場所。

この施設には人はおらず
お化けは機械作り

お化け屋敷の中は、入ったお客さん以外に人間はいないのです。

なのに「人を見た」「物音を聞いた」という話が多数上がりました。


現在は取り壊され
新しく
お化け屋敷が作られましたが…

同じ場所に作った為か…

相変わらず幽霊の目撃情報や変な物音を聞いたという現象は続いています。

噂では人形が並んでいる場所が特に危ないらしい


本物の「お化け」との遭遇率が高めの
お化け屋敷だと言われています。

写真は有名な
「クーパー家の招かれざる客」
です

クーパー家が新居に引っ越して最初に撮った写真。

天井から何か
ぶら下がっています

写真の出所や公表された年は不明です


お化け屋敷に引っ越してしまったのかな♪


夏のオカルト特集でした〜

2018年6月18日 (月)

予知夢〜

予知夢〜
こん(*^ー^)ノ♪

(/▽\*)

うちの近くにラーメン屋さんがあるんです

いつも、列が出来てます♪

私は、あまり麺類は好きくない

だから、並んだ事も入った事もありません


噂では
なんか、トンコツ味ラーメンらしい♪

噂では♪


ん〜

ラーメンって、体に悪そうですよね

まあ、カロリーを考えると

カツカレーと
同じくらい?


ラーメンって…どうやって作るのかな…

確実な事は

動物の骨と肉が入ってますね♪


あはは…


他は判らない


友達が言うには
「毒を食べるために並んでる」だって〜♪

んでっ〜今夜は予知夢のお話♪


夏のオカルト特集〜


私も
よく見る♪

予知夢は、自分や周囲の人間に起こる未来の出来事を夢として体験する事です。

予知夢は、
元々、人間に備わっていた能力なのではないかという意見も存在します。

また、予知夢は第六感として語られることもあります

正夢と似ていますが
正夢は夢で見た内容が
自分の生活圏内での世界で起こる現象を指します


未来の出来事を夢で見るという意味で
正夢は予知夢に似ていますが

正夢の場合
本人が想像し得る内容での予知になる事が多い

予知夢は夢を見た本人が予想外の内容
また、行った事のない場所に関する内容の夢を見ます

また、同時期に似た内容の夢を複数人で見る事があるのも予知夢の特徴のひとつです。

まだ、信頼性は薄いのですが
最近の例で

2011年3月11日の東日本大震災で

地震が発生する数日前から数多くの人々が地震に関する予知夢を見ていたと言われています


また、有名な例で

アメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンは予知夢を見た事で知られています。

リンカーンは1864年に銃により暗殺されていますが、

その二週間ほど前に彼は恐ろしい夢を見たと周囲に話しています。

夢の内容は

リンカーンは悲しそうに泣く大勢の人々を目撃します

近くに寄って泣いている理由を聞くと

彼らは「大統領が亡くなったのです。」と答えました。


驚いたリンカーンが群衆の中心を見ると

そこには棺に入れられた自分の亡骸が横たわっていたのです。

2018年6月17日 (日)

キャトルミューティレーション〜

キャトルミューティレーション〜
こん〜(/▽\*)

昨日、朝顔の種をまきましたです♪


おっそぉい〜!


大体、朝顔の記事書いた本人が

記事通りに
やらないって


なにこれ…

バカなの?


………


ご、ごめんなさい
(;-;)ウルウル


んでっ〜今夜はキャトルミューティレーションのお話♪


夏のオカルト特集…

キャトルミューティレイション(英:cattle mutilation)は、
1970年代のアメリカ合衆国等でおきた、家畜が惨殺される事件のことです。

家畜の臓器の一部がレーザーで切り取られた様な
キレイな切り口を残してなくなる、
全身の血が抜き取られる

といった人間技とは思えない死体の状態が特徴です

事件の前後に未確認飛行物体(=UFO)がたびたび目撃されている為
宇宙人の仕業ではないかと話題になりました。


1980年にケネス・M・ロメル・ジュニアFBI捜査官が1年にわたって行なった実験で、

死亡した家畜を放置しておくと、血液は、地面に吸い込まれて流れ去り

虫や動物などに目などのやわらかい部分から食べられ

牙や嘴による鋭利な切り口は、キャトルミューティレーションと同じ状態になるとの報告を行ないました

また、キャトルミューティレーションにあった牛の死骸の損なわれた部分は、全て上部のみであり

地面に接触していた部分は損傷していません

つまり「キャトルミューティレーションとは、死骸の通常の変化」との見解を示しました。



この様な状態になるまでには
数日を要します


しかし、死亡時刻の翌朝に目などが切り取られているものが発見される例や

切り口に焼け焦げた跡があった例などがあり

未だに、確実な原因は判っていません

宇宙人って…牛肉が好きだったのね…

2018年6月16日 (土)

アポロ計画陰謀論〜

アポロ計画陰謀論〜
おはー(/▽\*)


スペースインベーダーの日?

「スペースインベーダー」はタイトーが1978年に開発、世界的に有名なアーケードゲームでした。

「スペースインベーダー」が発表されたのが1978年6月16日だったので
この日がスペースインベーダーの日となりま〜した。

記念日が大好きな日本人です

ちなみに、お祭りも好きな日本人でした(/▽\*)


なが〜い目で
みてね〜


んでっ〜今朝はアポロ計画陰謀論のお話♪


あはは…


夏のオカルト特集…

しかも、スペースインベーダー


…アハハ…ごめんなさい(;-;)ウルウル

アポロ計画陰謀論(アポロけいかくいんぼうろん)は、
アメリカが1960年代〜1970年代に行った人類の月面着陸計画が
陰謀や捏造であったとする説のことです。


説には、大きく分けて2種類あります。

〇捏造説・ムーンホークス (Moon Hoax) 説

人類が月面着陸したというのは、アメリカの嘘であるという説。
Hoaxは「インチキ」ないし「でっち上げ」という意味があります。

〇遭遇隠蔽説

月面着陸した際、宇宙飛行士が宇宙人やUFO等を見た為、それをアメリカは隠蔽し
差し障りの無い情報を流しているとする説。


アポロ計画陰謀論は
ビル・ケイシングが1974年に出版した “We Never Went to the Moon”(我々は月に行ってなどいない)で述べられたことが最初とされています


それを、過激なキリスト教団体が
月着陸は捏造だとNASAを弾劾しました

日本でも
アポロ計画陰謀論は度々取り上げられており

キリスト教の文化が浸透していない日本の場合、
反米主義を前提とし、科学技術に対する無知無理解・懐疑と関連して唱えられる事が多いんです


捏造説や遭遇隠蔽説を語ってる人達は

NASA等が情報を隠蔽したと騒いでいますが…

陰謀説の情報源が

情報を隠蔽しているとするNASAが公開している写真等の資料を取り寄せて
批判をしています

矛盾ですよね〜

一番恐いのは…

人間♪

↑写真は月面に不時着した
宇宙人の宇宙船の先っぽですって

なるほど〜
(’-’*)♪

«ThisMan〜

無料ブログはココログ