« カープ仏壇〜 | トップページ | キリン〜 »

2016年9月 8日 (木)

太陽系第9 番惑星〜

太陽系第9<br />
 番惑星〜
太陽系第9<br />
 番惑星〜
太陽系第9<br />
 番惑星〜
おはよ〜♪

(/▽\*)

今朝は、
太陽系第9番惑星のお話♪

太陽系第9番惑星またの名を
惑星X(Planet X)といいます♪

海王星よりも遠い軌道を公転していると仮定される惑星サイズの天体の事です。

実は、この星以外にも
太陽系内の水星より太陽に近い軌道を回る惑星があると仮定されてましたが…今は否定されてます…

この様に、未知の惑星が存在すると考えられたのは
水星の公転軌道がずれる為、他に星があるとされた理由です

そして天王星、海王星でも、同じく公転軌道がずれる現象が起きてます

これを元に9番目の惑星、惑星Xが存在するという説が主張されていましたが、同じく否定されてます♪

この公転軌道のずれは
アインシュタインの一般相対性理論によって解決可能で、
後の観測でも惑星発見が無かったために
仮定は、ほぼ解消した様にみえましたが…

天体観測装置の驚異的な発達により

20世紀末以降に発見された多数の太陽系外縁天体、長周期彗星の
軌道の形などを説明する根拠として

再び惑星Xが存在するのでは?
とか言われてます♪


ちなみに、水星の内側を回ってるとされている仮定の星は「バルカン」です♪

もし、惑星Xが存在する場合、

「地球の2倍から10倍の質量を持ち

太陽〜海王星軌道の20倍以上遠い楕円軌道を
10,000〜20,000年をかけて太陽を周回している」

という、とんでもない星になるそうです

研究観測は1国では無理で
「観測にはマウナケア山にあるケックI、II望遠鏡やすばる望遠鏡など世界最大級の望遠鏡が必要」としてます。

2016年9月現在
日本を含む複数のチームがすばる望遠鏡等を用いて観測を開始してますが

結果を得るのに1年はかかると言われてます。

ちなみに見つかった場合、天文学理論が変わります♪

惑星X「Planet Nine」が存在すれば、

その影響により太陽系の惑星の軌道面と
"垂直"な軌道を持つ太陽系外縁天体が存在することが予測されています♪


‐‐‐‐‐‐‐‐

ウリドキ


13000タイトル以上配信!
新作コミックも続々登場♪
ケータイマンガNo.1サイト♪
無料立読みもOK☆


東急百貨店ネットショッピング


新作映画が見れる!

映画配信サービス【クランクイン!ビデオ】

« カープ仏壇〜 | トップページ | キリン〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ