« 流星刀〜 | トップページ | 地獄の門〜 »

2017年1月29日 (日)

コメット〜

コメット〜
コメット〜
こん〜(/▽\*)

ホラーDVDを観ながら怯えてる私です…(;-;)


え?

リングですよ〜


何回観たかな♪

私としては〜
ゾンビとツートップ♪


定期的に観賞してます♪

あぁ〜♪心が落ち着く♪
何でかな( ・◇・)?かな?


今夜は〜(’-’*)♪
コメットのお話♪

彗星ではありませんです(; ゜Д゜)

昔の飛行機

でも、科学をかじった人は
皆、知ってる飛行機♪

コメット旅客機・
正式名称
デ・ハビランド コメット
(de Havilland DH.106 Comet) は、
イギリスのデ・ハビランド社が製造した

世界初のジェット旅客機です。

形は、従来のプロペラ機の機体に

レシプロエンジンの代わりに
ジェットエンジンを取り付けた様な
保守的な姿です♪

1951年1月9日にコメット Mk.Iの初号機
最初の量産型(G-ALYP)が納入されました。

この機体は従来のプロペラ旅客機より
速度・高度共に前人未到の領域を飛ぶ初のジェット旅客機としてデビュー

コメットは約1年後、商用飛行で
所要時間を一気に半減させてみせました


しかし…


実は…悲しい事に

定期運航就航後、間もなく、
客室等、与圧された胴体部分が
加圧と減圧のくりかえし変形による金属疲労を起こし

それが原因の空中分解事故を起こしました


そこで得られた教訓が
その後の航空技術、そして安全向上に役立ちました。

現在に至る安全対策の取り組み全ては、コメットから始まったんです。

フェイルセーフはコメット旅客機の事故をキッカケに本格始動しました♪

フェイルセーフとは、なんらかの装置・システムにおいて、

故障・破壊
又は、誤操作
誤動作による障害が発生した場合、
常に安全側に制御させる為のシステムです。

又は、そうなる様な設計を行う信頼性設計の事。


核心にあるのは

人間は『必ず失敗する』

機械は装置やシステムが『必ず故障する』という事を前提にして
安全対策を考慮するものです

大切な事です♪


‐‐‐‐‐‐‐‐

ウリドキ


13000タイトル以上配信!
新作コミックも続々登場♪
ケータイマンガNo.1サイト♪
無料立読みもOK☆


東急百貨店ネットショッピング


新作映画が見れる!

映画配信サービス【クランクイン!ビデオ】

« 流星刀〜 | トップページ | 地獄の門〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ