« マッチ〜 | トップページ | ウサギ〜 »

2017年2月28日 (火)

ミノムシ〜

ミノムシ〜
おは(/▽\*)

最近、眠くて…

朝の片手間に更新♪

隣の庭の木にミノムシが居たので!

今朝はミノムシのお話♪


冬を越したんですね〜

もう、蛾になったのかな?

まだ寒いから無理か…


ミノムシ(蓑虫)は、ミノガ科の蛾の幼虫です。

日本では、一般に、オオミノガの幼虫を指しますが…

日本に何種類のミノガ科の幼虫がいるか
よくわかっていませんです♪

蓑の形だけでは区別出来ません


ミノを作る、比較的分かりやすく
よくみられるのは
4種類のミノムシ

なのです

種類は
"オオミノガ、チャミノガ、クロツヤミノガ、ニトベミノガ"

1990年代後半からオオミノガは激減
もしくは絶滅寸前になってます

原因は、"オオミノガにのみ"寄生する
"外来種のヤドリバエ科オオミノガヤドリバエ"の幼虫に食べられたから…

なので、現在の日本で
ミノムシと呼ばれるのは

数の多い
チャミノガ

だいたい、外国から来たものは強いのです♪


魚しかり、動物しかり、

はたまた、機械製品、エンターテイメント


日本に来る外国人などなど(/▽\*)


日本は、駆逐される危機です♪


あ〜(;゜0゜)
話がそれた…


ミノムシは
幼虫が作る巣が、藁で作った雨具「蓑(みの)」に形が似ているため、「ミノムシ」と呼ばれる様になりました

巣は、幼虫が枯れ葉や小枝を口から出す糸で繋いで作り、

小枝等にぶら下がり越冬しますが…実は保温性能は良くなく

凍りつくような寒い冬が来ると

あの世へ旅立ちます

ミノムシは
成虫が蛾の形になれるのは雄だけです。口が退化しており、花の蜜は吸えません

雌は無翅、無脚であり、小型

頭に、小さな胸と体の大半以上を腹部
また、雄同様口が退化します。
雌は、したがって「蛾」にはならず、蓑内部の蛹の殻の中に留まります


6月から10月にかけて7回脱皮、成長します

越冬後は
普通は餌を食べずにそのまま4月から6月にかけて蛹化します。

そして6月から8月にかけて羽化♪


ミノムシ♪

見た目は可愛いんですが…

イモムシですからね〜

しかも、害虫ですし…


だが、しかし


生き物ですからね

そう、生きてるんですよ…

命なのです


‐‐‐‐‐‐‐‐

ウリドキ


13000タイトル以上配信!
新作コミックも続々登場♪
ケータイマンガNo.1サイト♪
無料立読みもOK☆


東急百貨店ネットショッピング


新作映画が見れる!

映画配信サービス【クランクイン!ビデオ】

« マッチ〜 | トップページ | ウサギ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ