« 白樺〜 | トップページ | GPS〜 »

2017年4月10日 (月)

フジツボ〜

フジツボ〜
こんにちは〜(/▽\*)

思うんですけどね…私は

花を観て綺麗と感じる人って
どのくらい居るのでしょうか?


この時期、お花見とかしてますが、

殆どの人って、サクラを観てませんよね♪

昔から、花より団子っての…あります♪


今日は、フジツボのお話♪

フジツボは石灰質の殻をもつ海洋性の固着動物です。

大きさは数ミリから数センチ。甲殻類フジツボ亜目の仲間です

19世紀、フジツボは、貝等と同じ軟体動物であると考えられていましたが、
甲殻類と同じ自由遊泳性のノープリウス幼生として孵化することが発見され
現在は甲殻類に分類されるようになりました


住んでる場所ですが…

世界中の海洋の潮間帯から深海にかけて生息しています。
なお、淡水に生息する種は現在の所
存在していません。

岩や船底、他の動植物などに固着し、全く移動せず成長します。

フジツボは、体の構造が他の甲殻類とは大きく異なり

歩脚に相当する部分は、蔓状の蔓脚(まんきゃく)となり、
海水中のプランクトンを濾過して食べています

フジツボの殻と閉鎖する蓋はエビやカニの背甲に相当し
殻の内部の蔓脚や外套は成長すると甲殻類の様に脱皮し、殻から外に廃棄されます。


幼生は既に他個体が固着している近傍を好んで選択し
固着する性質を持ち、群生して生活しています。

これは動きまわって繁殖相手を見つける事が出来ないという理由が考えられています。

フジツボは雌雄同体で、他の個体と受精して繁殖します

よく、都市伝説で
海岸で怪我をし、それをきっかけに体の中でフジツボが繁殖すると言う話がありますが…

あり得ませんです♪

しかし、
イシサンゴ類やクジラの皮膚に固着するフジツボは、
しばしば宿主の体組織に食い込み、埋没して殻の口の部分だけを外に出しています。


ちなみに、フジツボのなかには
食用になるものもあります♪

ミネフジツボは、高級食材として市場に流通し
1㎏あたり数千円程度の価格で取引されています。

海水に入れて、砂や泥を吐かせ
殻ごと塩茹でにするか蒸して殻の中の少量の身を食します。

小型のものは出汁として味噌汁などに使われます。


まあ、甲殻類ですからね〜

ダシは美味しいでしょうね〜
ヘ(・・ヘ)。。


私は…食べたくはないですが…

« 白樺〜 | トップページ | GPS〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ