« タケノコ〜 | トップページ | 石鹸〜 »

2017年4月19日 (水)

ライ麦〜

ライ麦〜
ばんは〜(’-’*)♪

(/▽\*)〜♪

SMAPの木村拓哉さんが2017年4月18日、テレビ朝日「報道ステーション」
に出演したそうです♪

(ちなみに私は、SMAPには"元"という字を付けない様にしてます。今は、まだ…)


私は見てなかったんですがね♪

富川さんが「37万人ものファンが…」と質問すると、木村拓哉さんは「ええ、署名して下さった」

その後、「そういう気持ちを頂いたりしたにも関わらず、状態としては今の状態になったので…」
と述べました

SMAP解散とは言いませんでしたね♪

木村拓哉さんは「何らかの形で恩返しをしたい」って言ってたらしい


こりは〜(’-’*)♪何か、キッカケがあるとSMAP復活するんじゃ…ないかな?

たった1日、いや1分でもいい♪SMAPみんなが笑顔でいて欲しい♪

ファンにとっては
これが最大の恩返し♪

そんな気がします


ビックリしたのは富川さんが言った一言

37万人の署名人数って
奈良の人口より1万人多いらしい…

そうか…遷都したんだ?

奈良を乗り越えたのかぁ〜

次は京都だなあ〜(’-’*)♪

署名、頑張ってね
(p^-^)p〜♪


今夜は、ライ麦のお話♪

ライムギ(ライ麦、学名Secale cereale)はイネ科の栽培植物です

穎果を穀物として利用します。

食用や飼料用としてヨーロッパや北アメリカを中心に広く栽培される穀物で、
寒冷な気候や痩せた土壌などに強い耐性があり、

主にコムギの栽培が出来ない寒冷地の東欧や北欧で栽培されてます。

元はライ麦って雑草です♪

原産地域はトルコ共和国からコーカサスあたりです

北国。(((・_・)))


コムギ畑のなかにライ麦はヒッソリ生えていました

コムギに似た姿の為
除草を免れ、
そこから繁殖した個体の中から、
さらにコムギに似た個体が除草を逃れ

これを繰り返されて、よりコムギに似た姿へと進化しました。

さらに環境の劣悪な畑ではコムギが絶えてライ麦だけが残り、
その為
仕方無く穀物として利用されるようになりました。

この様な植物を二次作物と呼びます

ライ麦が穀物として認められ、
本格栽培され始めたのは紀元前3000年ごろの北欧と考えられています。

この様な、丈夫な食用の植物は
いつも人間を飢餓から救ってくれます

イモやソバ、豆等もそうです。
大切です♪


ライ麦は、人間の食用としての利用が中心です。


黒パンなのです♪

古くから
種子を粉にしてパンの原料とされてきました。

現在でも、ドイツや北欧諸国など小麦の生育が悪い国を中心に多くのライ麦パンが作られてます

ライ麦にはグルテンがないため生地の伸びが悪く
少し膨らみにくいんです

でも、パンの原料としては
コムギの次に美味しい原料です

また、100%ライムギパンは目が詰まっていて
水分の抜けが少ないので日持ちする長所があります。

現在では、ライ麦の栄養価が見直され
ライ麦とコムギを混ぜてパンを作る事が多く行われています。

現代人は、ナゼかライムギパンの風味を好む人が多く、
健康に良いとされている為
盛んに食べられています


私も大好きです♪

« タケノコ〜 | トップページ | 石鹸〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ