« 小惑星「2014-JO25 」 | トップページ | タケノコ〜 »

2017年4月17日 (月)

ラベンダ〜

ラベンダ〜
こん(/▽\*)♪

テスラコイルの実験をみた私です♪

火花がバチバチ♪

テスラさんって、高周波電波にのせて

電気エネルギーや情報を送る研究もしてた
みたいなんです♪

電線の要らない
電気送電網…

魅力的です♪


だが、しかし

守銭奴エジソンに潰されてしまいましたが…なにか?

今夜は、ラベンダーのお話♪

幽霊さんヨケです♪

え?ホントですよ

試してみますか♪

自己責任で♪


ラベンダーは、シソ科ラウ゛ァンドラ属(ラベンダー属、)の半木本性植物です。

または、半耐寒性の小低木Lavandula angustifolia (通称:ラベンダー、コモン・ラベンダー、イングリッシュ・ラベンダーなど)を指す事もあります

早い話が…草です♪

多年草と、そうじゃない物があります

ラベンダーとは
薄紫色を意味します。

ヨーロッパ南部を中心に39種があり、殆どの種類は
高さ2m以下。

原産地は地中海沿岸、インド、カナリア諸島、北アフリカ、中東です。

春に紫や白、ピンク色の綺麗な花を咲かせます

中でも紫色の花が咲くラベンダー(L. angustifolia(コモン・ラベンダー等))は多く育てられています

花、葉、茎は細かい毛でおおわれており、その間に精油を出す腺があります。

揮発性の油を多く含むため、草食動物はほとんど食べないんですが、

芳香で蜂を引き寄せ受粉します。

ユーカリと同じように夏の熱さで自然発火し、火事になることが
しばしばあります

種子は、その火事後に発芽する性質があります。


使い方は
伝統的にハーブとして古代エジプト、ギリシャ、ローマ、アラビア、ヨーロッパなどで薬や調理に利用され、芳香植物としてその香りが活用されてきました。

ラベンダーの栽培は1930年代ですが
それ以前は野生種を刈り取って使用していました

日本では、江戸時代の西洋薬物書に「ラーヘンデル」「ラーヘンデル油」の名で詳細なラベンダーの説明があります。

後期には栽培も行われていたと考えられています。

昭和期に、北海道富良野地方で栽培されて精油が生産され栄えましたが、
合成香料の台頭で富良野は衰退しました。

現在では富良野はラベンダー畑を観光地として公開しています

現代はL. angustifolia(コモン・ラベンダー)やL. latifolia(スパイク・ラベンダー)、L. x intermedia(ラバンジン)から
精油を採り

精油は香料として、アロマセラピー(芳香療法)に利用されています。


効用ですが…

よく話に出て来るのが…
イエスの脚を香油入りの水で洗った女性の話です

その香油はラベンダー♪


世界最古の香水はラベンダーの芳香成分をアルコールに溶かした物です♪

同時期にローズマリーをアルコールに溶かした水もあります♪、2つとも最古のアルコールベースの香水です♪

天然のラベンダー香油や
水溶性のラベンダー水では

ごく、僅かに薬効があります♪

僅かに…です♪

ラベンダー油を、タイム油、ローズマリー油、シダーウッド油と組み合わせて使用すると、
円形脱毛症に効果がある可能性があります♪

また、6 - 10週間の短期間
ラベンダー油を経口摂取する事で、
不安や不眠等の精神疾患を改善する効果があります♪
現用の抗不安薬ロラゼパムより効果は弱いですが…

ラベンダー油の香りは
現用薬物と併用すると
精神安定の効果が高まる事があります♪

注意する事があります♪

ラベンダーは薬用作用がありますが…それは、毒にもなり得ると言う事

ラベンダーの副作用を♪

ラベンダーを食べた場合、便秘、頭痛、食欲増加を引き起こす可能性があります。経口摂取は、有害です。

とくに、アメリカ国立衛生研究所では、妊娠中・授乳中におけるラベンダーの使用は安全ではないとしています

他に、皮膚刺激性つまりアレルギー反応が出る事があります

天然性のL. angustifolia(コモン・ラベンダー)やL. x intermedia(ラバンジン)は比較的安全性の高い精油ですが

合成香料と混ぜられた製品は
皮膚に使用すると刺激になり

化粧品による接触性皮膚炎やアレルギー反応が出る事があります

パッチテストの、陽性率第1位はラベンダー油が、6.57%と突出してワースト1になってます


女性化乳房現象

精油の思春期前の少年への局所的・反復的使用は、男性の乳房が成長する女性化乳房の原因になるという見解が
コロラド大学デンバー校の小児内分泌学者Clifford Blochさんによって指摘されてます

理由は、主要な女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする事と、
男性ホルモンのアンドロゲンを阻害するらしい事が分かりました


薬との相互作用があります

薬剤、サプリメントと相互作用します。
抱水クロラール、降圧薬、バルビツール酸系薬(鎮静薬)、ベンゾジアゼピン(向精神薬)、中枢神経抑制薬と相互作用があると考えられています。

眠気を引き起こす、血圧を下げる可能性がある為、
同様の効果を持つサプリメントと併用するのは危険です。
中枢神経系薬物とも影響するので注意


幽霊さんのお話♪ですが

悪い幽霊さんなんかは

ラベンダーの香りを

嫌だなぁ〜ってヨケテイキマス

ヨケテル…ダケデス♪

これは、私達がワンちゃんのウン*を
嫌だなぁ〜って避けるのと同じです

あ、天然のラベンダーやローズマリー香油に限りますよ♪

合成香料はダメダメですよ

ラベンダーやローズマリー香油を魔よけとして使用していたと言う事実は
数千年の歴史があります

ちなみに、御線香等の香木は
魔よけとは違った意味合いがあります♪

« 小惑星「2014-JO25 」 | トップページ | タケノコ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ