« フェレンゲルシュターデンの猫〜 | トップページ | フジツボ〜 »

2017年4月 9日 (日)

白樺〜

白樺〜
こんっ(/▽\*)

真夜中に自販機で缶コーヒーを買うのが楽しみな私です。

今、午前3時ごろ〜


寒い…(;-;)

でも、目が覚めます♪

えっ、距離は30mもないですよ♪

遠くに行くの…恐いじゃないですか♪


お化けは良いとして…人間が恐い((((;゜Д゜)))

今夜は、白樺のお話♪

寒い場所に生えてる木です


シラカバ(白樺、学名:Betula platyphylla)は、カバノキ科カバノキ属の落葉樹の一種です。

樹皮が白いので、この名がつけられました。
本当はシラカンバと呼ばれます。

温帯から亜寒帯地方に多く見られる木です。

基変種であるコウアンシラカンバとそれにごく近縁にある
オウシュウシラカンバは、アジア北東部・シベリア・ヨーロッパの広い範囲に分布しています

日本産変種である白樺(学名Betula platyphylla var. japonica
英the Japanese white birch )は、
福井県を西端、静岡県を南端として北海道までの落葉広葉樹林帯と亜高山帯下部に分布します。

日本の高原を代表する木の1つで、主に長野県や北海道に多く
近縁種としてダケカンバがあります。

この変種は寒い場所にしか生えず

成長が速いため

山の植生を回復する為にも利用されます

白樺はとても利用価値のある植物です♪

材質が堅く、木目も美しいので家具材、家屋の内装に使われます。

また、樹皮は容易に燃え、天然の着火剤としても使われる事もあります

中では、アイスの棒や木のスプーン、割り箸、楊枝も製造されています。


最大の特徴は
白樺の樹液は甘く

春、芽吹く頃の白樺の幹に穴を開け、樹液を取りだし
地元等では市販されています


アイヌ民族はこの樹液を、水場がない場所での、炊事の水に用いてきました。

また、樹液は人工甘味料キシリトールの原料もなり、

多糖体の為
体の表皮の保湿を促進する効用がある事から化粧品にも利用されます。


天敵は、かみきりむしと鹿です♪

かなりの数の白樺が食べられてしまいます


美味しい物は
みんなから狙われるんですね〜
(’-’*)♪

« フェレンゲルシュターデンの猫〜 | トップページ | フジツボ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ