« 氷山〜 | トップページ | 子宮〜 »

2017年4月25日 (火)

ランドセル〜

ランドセル〜
おは〜(/▽\*)

私が、よく使うバス停のソバに

小中高一貫校があるんです。

かなりハイレベルの子供達が通ってます。
時間的にその子達と同じバスになる事が多いです。

横断歩道の前には警備の女の人(教師かな?)が旗を振って、

交通整理ならぬ
子供整理をやってますが…

ちゃんと、あの子達
言うことを聞くんですよ♪

「はーい」とか「わー」とか言いながら
移動していきます。

か…カワエエ
(/▽\*)


ランドセルに黄色い歩行者カバー付けてるので

小1の子供達ですね〜

お行儀が良いのです

さすが、ハイレベル校♪

その子達、ちゃんとバスに乗って

降りる時も
運転手さんに
「ありがとうございましたぁ」って

大声で
(あ、あのね…大声はちょっと…)

挨拶して降りるんですよ。

か…カワエエ♪
(/▽\*)


んでっ♪今朝はランドセルのお話♪

ランドセルは、日本の小学生が通学時に教科書、ノート等を入れて背中に背負うタイプの鞄です。

元々は、陸軍が使う軍用品です。

幕末(江戸時代)に、江戸幕府が洋式軍隊制度を導入する際、
将兵の携行物を収納するための装備品です


起源はオランダ軍が使っていた背嚢(はいのう、バックパック)

なのです♪

オランダ語の(ランセルまたはラヌセル)がなまって「ランドセル」になりました

あ、武器はランドセルには入れません

武器を入れる
専用のショルダーバッグがあり

武器はそれに装備します


その後
明治時代には
軍用だけではなく通学にも使われていました…

学習院初等科が初めて通学用鞄を使用しましたが

ランドセルとは形が違います


ランドセルが通学に使用され始めたのは

1887年(明治20年)、当時皇太子であった嘉仁親王(後の大正天皇)の
学習院初等科入学の際、

伊藤博文が祝い品として帝国陸軍の将校背嚢に倣った鞄を献上しました

ランドセルですね〜(/▽\*)

これ以降、広まったと言われてます。


素材は合成皮革が多く
価格は1970年代には6,000円くらい

現在は、地域差がありますが40,000円以上です

ちなみにランドセルの購入は
義務ではありませんが

ほぼ全ての生徒が新品を購入しています

なぜかって言えば…

ランドセルを与えなかったり
中古や、お下がりを持たせると
子供がからかわれる可能性があることから

"新品を買わざるを得ない"
悲しい情勢となっています

でも、ご心配なく!

じっちゃん、ばっちゃんが買ってくれます♪

これは日本の伝統です♪(力説)

世界でも、ランドセルを使っている国(ドイツやオランダ)はありますが

日本製のランドセルが一番軽く
機能的で身体にフィットします♪

さすがですね♪

« 氷山〜 | トップページ | 子宮〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ