« ラベンダ〜 | トップページ | ライ麦〜 »

2017年4月18日 (火)

タケノコ〜

タケノコ〜
こん〜(/▽\*)

スマホとかの電波が恐い私です♪

昔の携帯電話なんかは…直接、

耳…つまり頭に当ててましたよね

今でも音声通話では頭に当ててます♪

端末の電波は機械が誤作動を起こす程のエネルギーがあるのです

波長が短いんですよ♪

一般に、波長の短い電磁波は高エネルギーなのです。

危険なんですが…業者は危険性を言いませんね♪

端末からの距離を

(端末(携帯、スマホ、PHSで電波の波長が違います。3GとWiFiも違います))

10cmから100cmくらい離れれば大丈夫かも♪


皆さんは、音声通話を控えてね〜
(/▽\*)

満員電車などの中では電源切ってね〜(/▽\*)

下手すると、隣の人がペースメーカー入れてたら…
あの世に旅立つお手伝い
してしまいますよ〜(/▽\*)


んでっ、今夜はタケノコのお話♪

いや…春だから…


タケノコ(竹の子、筍:bamboo shoot)は、イネ科タケ亜科タケの若芽の事です

食材として利用されます。

ちなみに夏の季語

3〜4年目の若い竹の地下茎(根茎)の生え始めの地下の芽を食します

竹は節ごとに
根と芽を備え、
主に地下茎の芽が
日本(温帯)では春先に、成長を始めます。

速さは次第に増し、地表に顔を出す迄は
日に数センチ程度だったものが、
10日目頃には成長速度が
1日で数十センチから
たまに1メートルを超えます

ツル性植物を除く被子植物のうち最も成長が速い植物です。

ちなみに日本の竹の寿命は10数年ほどです。


食べ方ですが…
タケノコはアクがあるので工夫が必要です

収穫するタイミングが若芽が生長し始めてから

早ければ早いほど
苦みやアクが少なく美味しいです

つまり、まだ土の中にある小さい
表面が白っぽいタケノコが美味

大きい物はアクが強く固いです

これは、タケノコは成長すると甘味成分が消費され、繊維質が増加して堅く締まり、苦みもより強くなって食用には適さなくなるから。

マダケやネマガリタケの場合などは、30センチ程度に生長した地上部を折り取って収穫できる種類もあります。


タケノコのアクは、シュウ酸、ホモゲンチジン酸とその配糖体が主成分です

アルカリ性の水溶液(ヌカやコメのとぎ汁や重曹)で除く事が出来ます。

ただし、アミノ酸のチロシンを非常に多く含み、次第に酵素によってホモゲンチジン酸に変化する為、
加熱して酵素を止める作業が必要です。

つまり、お湯(ヌカやコメのとぎ汁を沸かす)でアク取りしないといけませんです♪

植物には青酸が含まれる物が多く
タケノコも青酸が含まれていますが、薄く切った場合で8 - 10分以上、
丸ごとなら皮の付いたまま(表面の皮を数枚取ります)
頭を斜めに切りおとし
水や火を通りやすくして
1、2時間煮込むと安全です。

目安は竹串を刺して
柔らかくなったら火を止め
余熱で
なお煮ます

実は、私は、タケノコの先の方が好きです♪

あれ、甘い♪

« ラベンダ〜 | トップページ | ライ麦〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ