« カラスアゲハ〜 | トップページ | 徳川埋蔵金〜 »

2017年5月11日 (木)

披写界深度〜

披写界深度〜
披写界深度〜
披写界深度〜
おは(/▽\*)

数日前、ツバメに似た鳥を見ましたって書いたんですが…

やはり、ツバメだったそうです

地元のTVがニュースで報道してました〜(’-’*)♪

私の目に狂いはなかった〜(/▽\*)

カメラ持ってたらな〜
惜しかったな〜

端末(内蔵カメラが高性能なの買いました♪)も持ってなかった〜


んでっ!今日は披写界深度のお話♪

カメラ持ちには
基礎中の基礎です〜♪


被写界深度は、カメラ等の撮影機で
目標(被写体)にピントを合わせたさい

目標部分の前後の範囲にピントが合っているように見える空間のことです。

カメラだけではなく、ビデオカメラ等にも当てはまりますが

しかし
ビデオカメラはプロ用機以外は全てフルオートなので
手動設定は出来ません

デジタルカメラもフルオートのコンパクトタイプだと出来ません


35mm用一眼レフや高級デジタル一眼レフ、高級コンパクトデジタルカメラでは

被写界深度を意図的に設定可能で

絞り値(F値)、レンズの焦点距離、撮影距離(被写体とカメラの間の距離)を手動設定で行うと

披写界深度を自由に決める事が出来ます。

披写界深度が浅いと目標物周辺だけにピントが合い

後ろの風景や物体等はピンぼけしてしまいます

このボケを利用して

目標物だけにピントを合わせ
周辺をボヤかせる事により
被写体をいっそう際立たせる事が可能です

人物やペット等を引き立たせる撮影に向いています


披写界深度が深いと

目標物のかなり後ろの物体や風景までピントを合わせる事が可能です

遠景やマクロ撮影(近くで被写体を撮影)する時に効果的です♪


披写界深度の設定方法ですが…

◇レンズの絞り値(F値)が小さくなるほど、被写界深度は浅くなり、大きくなるほど被写界深度は深くなります。

つまり、画面を暗くなるように絞りを小さくすると
遠くまでピントが合い、

画面を明るくなるように絞りを大きくするとピントの合う範囲は狭くなります


◇レンズの焦点距離が長くなるほど被写界深度は浅くなり、
短くなるほど被写界深度は深くなります。

つまり望遠レンズやズームを使うとピントの合う範囲は狭くなり

広角レンズではピントの合う範囲は広くなります

◇撮影距離(被写体とカメラの間の距離)が短くなるほど被写界深度は浅くなり、

撮影距離が長くなるほど被写界深度は深くなります。

私がよく使う方法ですが…

コンパクトデジタルカメラで披写界深度を深く撮るやり方

遠景だと、そのまま撮影しても大丈夫ですが…


近い被写体を撮る時に
被写体が明るくなる様、ライトアップします♪

太陽の直射日光でもいーよ♪


これで、被写体を撮影すると
カメラが自動的に絞りを小さくするのでF値が大きくなります

披写界深度を深くとれます


手元にフルオートしかない場合
これで、近、中距離を撮ります


披写界深度を
うまく使うと面白い写真が撮れますよ〜(/▽\*)

« カラスアゲハ〜 | トップページ | 徳川埋蔵金〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ