« 披写界深度〜 | トップページ | ワラスボ〜 »

2017年5月12日 (金)

徳川埋蔵金〜

徳川埋蔵金〜
こん〜(’-’*)♪

((((((((/▽\*)


最近、艦コレをやってない私です♪

いや…忙しくて…

あのゲーム、育成が大変なんですよ〜(’-’*)♪


まあ、無課金でも楽しめるのはOK


今夜は徳川埋蔵金のお話♪


自然を大破壊したTV局が有名♪


コピーライターも有名


穴の深さは

欲の深さ〜♪


徳川埋蔵金(とくがわまいぞうきん)は、江戸幕府が密かに地中に埋蔵したと伝えられている貴金属(金塊あるいは貨幣)です。

事の始まりは1868年4月江戸城が無血開城となった際

明治政府は幕府御用金欲しさに
江戸城内を探しました

ところが城内の金蔵は空


明治政府は、幕府が隠匿したと判断し政府軍による御用金探しが始まりました。


探索の手は大政奉還当時勘定奉行であった小栗忠順にも及び

小栗は奉行職を辞任した後、上野国(群馬県)群馬郡権田村に隠れてましたが

彼が幕府の財政責任者であったことから「小栗が幕府の金を持って逃げた」といった流言がひろまり

「利根川を遡って来た船から誰かが何かを赤城山中へ運び込むのを見た」と証言者まで現れました。

この事から、「幕府の隠し金が赤城山に埋められていることは事実である」と信じた人々が赤城山の各所で発掘を始めました。

しかし、当時探していた人達は
ことごとく失敗に終わり


現代になって
あるテレビ局の番組で、あるコピーライターを中心とした発掘チームを結成。

1991年から10年間も赤城山を掘り返しました

しかも重機で♪


結果、埋蔵箇所を「源次郎の井戸」と推定し、大掛かりな発掘をしましたが徒労に終わりました。

江戸時代以降に掘られたと見られる穴や遺物は多数発見しましたが

埋蔵金に直接繋がるような発見は無かったんです

チームリーダーのコピーライターさんも
後に、この番組について

「世界唯一の土木番組」

だったと自嘲しています。


あらら…

« 披写界深度〜 | トップページ | ワラスボ〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ