« 巻き爪〜 | トップページ | ローズマリ〜 »

2017年5月 1日 (月)

カッシーニ探査機〜

カッシーニ探査機〜
カッシーニ探査機〜
こんにちは〜
(/▽\*)

パナソニックDIGAのフリーズ(全く操作を受け付けなくなる状態です♪)に
唖然とする私です
( ; ゜Д゜)

これで3回目…

え!?それほど古くないですよ♪
全自動DIGA4020だったかな…型番忘れた♪

強制リセットで使える様にはなりましたが♪

みんな、注意してね〜(/▽\*)♪

家電選びは慎重にね♪

んでっ♪今日はカッシーニ探査機のお話♪

みんな、興味ないだろうなぁ〜(’-’*)♪

実は、ノストラダムス予言で出てくる
恐怖の大王と噂されましたです♪


濡れ衣着せられて
笑っちゃいますが…

実は、ホントは
危なかったんですよ

カッシーニ探査機は、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)によって開発、
1997年に打上げられた土星探査機です。

カッシーニは、航行速度を上げる為
スイングバイを使い

(スイングバイは天体の万有引力を利用して宇宙機の運動方向を変更する技術です。
天体の至近距離を飛行し、公転運動を利用する為、機体の増速や減速が出来ます♪
重力アシストとも呼ばれます)

金星→金星→地球→木星の順にスイングバイを行なって土星軌道に到着しました。

カッシーニは惑星探査機ホイヘンス・プローブ (2.7 m、320 kg)を、
土星衛星中の大気がある衛星タイタンに軟着陸させる事に成功


大気の組成・風速・気温・気圧等を直接観測。

映像も送る事に成功しました♪


カッシーニとホイヘンスよりなる土星探査はカッシーニ・ホイヘンス・ミッションと呼ばれ、

数え切れない程の科学的成果をもたらしました

個人的に面白かったのは…

アインシュタイン一般相対性理論を検証する実験に成功したんです。

巨大な質量を持つ
太陽の近くをかすめる様に
光速に近い性質の電波を発射、地球までの到達時間を計測

次に、太陽から離れた所で、同じ電波を地球に発射。時間を計測。


太陽の近くを通らない場合より
太陽の近くを通った場合が
到達に時間がかかる事を証明しました。

これは、重い天体の近くで時空が歪むというアインシュタインの理論を証明したのです

時空間って〜
ホントにあるんですね♪

実感無いけど♪


カッシーニ探査機は、もう寿命が尽きます

今年、最後のお仕事が与えられました

土星の輪の通過…

NASAは2017年9月15日、土星に寿命が尽きたカッシーニを突入させます。

最後の任務として、土星の輪の間を通る軌道を22周させ
過去に例の無い近距離から
土星の大気や輪の構造などを観測します。

開始は2017年4月

NASAは28日に、カッシーニ探査機が土星の輪の内側を通り抜ける事に成功したと発表しました

カッシーニは土星の大気上層から約3000キロまで接近し、大気が渦を巻く様子などを撮影。

遠距離惑星の探査機には
ある程度のAIがプログラムされてます

なんか、可哀想に思うのは…

変ですか?

あ、恐怖の大王なんですが…


ノストラダムス自体、お金を稼ぐ為のデッチアゲなんです


えーと…
カッシーニ探査機のスイングバイには地球も含まれていました

1999年8月18日 地球をスイングバイして木星への軌道に行きました。


1999年に地球の真上って…


カッシーニ探査機には
原子力電池が搭載されてます

この装置は半減期の長い放射性物質が出す放射線のエネルギーを電気エネルギーに変えます

カッシーニ探査機には、あの

「プルトニウム」

が搭載されてたんです。


お…落ちてきたら

どーするつもりだったんでしょう

ナゼに地球の真上で?

« 巻き爪〜 | トップページ | ローズマリ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ