« エドワード・ティーチ〜 | トップページ | 和音〜 »

2017年6月24日 (土)

ツチノコ〜

ツチノコ〜
ツチノコ〜
こんにちは〜
(/▽\*)

街路灯って2種類ありますよね

白色とオレンジ色♪

白色は水銀灯や蛍光灯が多かったんですが…
最近は白色LEDがあるから省エネになります♪


でも、街路灯周辺が良く見渡せるのは
ナトリウムランプのオレンジ色

明るいですよ♪

私はオレンジ色が好き(/▽\*)

オレンジ色は
昔の自動車のフォグランプや
高速道路、トンネル内等の遠くを見渡せないとならない場所にも使われてます♪

これは
オレンジ色の光は白色の光に比べて、遠くまで届き、人間の目で
物の形をはっきりと見る事が出来るからです。

オレンジ色は波長が長く散乱しにくく
雨や雪、
霧や排気ガス等で先がよく見えない場合でも遠くまで光を通します。


ちなみに、イギリスの街灯はオレンジ色が多んですよ。
これはロンドンは霧が多い町だから♪


それと、色によって、虫が集まってくる量が違います♪

虫は、光を目指して一直線に来るのではなく…

元々、蛾などの夜行性の虫は、月や星の光に対して
ある一定の角度で
光を見ながら飛んでいます
こうすると方向が解るから

月や星などの光はレーザーの様な直進性の光であり、
虫はこの光に対してある一定の角度で飛ぶことによって、飛ぶ高さや方向を調整しています

しかし蛍光灯などの人工の光は直進光ではなく放射状に出ているので

この光を見た虫は
光に対して体を一定の角度に保って飛ぼうとすると、

悲しい事に

螺旋軌道を描きながらだんだんと光源へと近づいて行ってしまいます

結果、街路灯などに集まってしまうんです。


虫の集まる量は…
水銀灯(道路照明の白い色)>蛍光灯(街路灯の白い色)>ナトリウム灯(道路照明のオレンジ色)>LED灯(街路灯の白い色)の順番♪


オレンジ色は
虫対策も含まれてます♪

んでっ!今日はツチノコのお話♪


ヘビです♪


ツチノコ(槌の子)は、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA)です。

鎚(つち:ハンマーの事です)に似た形態の、胴が太いヘビと言われています。

北海道と南西諸島以外の日本全国で目撃例があります

外見は

普通のヘビと比べて、胴の部分が太く膨れています

頭はマムシの様に三角型で短い尻尾があります

全長は60-90cm。体色は目立ちにくい茶褐色もしくは灰褐色。瞳孔は縦長。

待ち伏せが得意ですが…

マムシの様に2メートルほどのジャンプ力も持つ


「チー」と音を出します。

非常に素早く動きます。

尺取虫のように体を屈伸させて進む事があります。

そして、猛毒性


実は、縄文時代の石器にツチノコに酷似する石器があり
長野県で出土した縄文土器の壺の縁にも、ツチノコらしき姿が描かれています。

他に、奈良時代の『古事記』、『日本書紀』にも
記述があります


居たら面白いですね〜(’-’*)♪

あのね

コモンデスアダーってヘビが居るんですよ♪


このコモンデスアダーを誤認したんじゃ
ないかな?

コモンデスアダーはコブラの仲間で猛毒の蛇です♪

咬まれると…致死率50%

太く短い体型が極めてツチノコに近いんです。

今は、コモンデスアダーはオーストラリアにしか居ません

デスアダーの仲間は
現在、オーストラリア、ニューギニア、インドネシアに棲んでいます


昔は、世界中に案外たくさん居たのかも♪

ツチノコって、絶滅危惧種かもね♪

有り得ないとは…言い切れない♪

« エドワード・ティーチ〜 | トップページ | 和音〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ