« バチスカーフ〜 | トップページ | ブルーチーズ〜 »

2017年6月 2日 (金)

ストラトローンチ・システムズ〜

ストラトローンチ・システムズ〜
ストラトローンチ・システムズ〜
こん〜(/▽\*)

前にも書いたんですが〜(’-’*)♪

インスタントカメラが流行ってますね♪


その場でプリントアウト!

しかも、フルオートとは言え…
ウデが試されますっ!


デジカメみたいに
撮り直しは出来ないよ〜

あ…アナログカメラなんですが〜


デジカメみたいに画素数で表示すると…

35mmASA100のフィルムを使った場合


5080dpi

3460万画素
になります♪


でも、
車の車体など
均一色や滑らかな物は苦手です(;-;)

ざらついて見えるんです♪

デジカメは、ざらつきに関して問題ないんですが

細かい物の集まり(例えば、木の葉の集まり等)を撮るのが苦手♪

画面がつぶれます♪

んでっ!今宵はストラトローンチ・システムズのお話♪


会社名です…


ストラトローンチ・システムズ(Stratolaunch Systems)は、空中発射ロケットによる宇宙輸送を業務とするアメリカ合衆国の企業です。

2011年に設立


ロケット打ち上げシステムは
主に3つのコンポーネントから出来ています

〇ロケットを運ぶ母機(通称ロック)
〇空中から発射するロケットが3段ロケット(通称サンダーボルト)
〇搭載物

現在は、全て開発中です


空中発射ロケットの母機であるモデル351 ロックは、

重さ約226.796トン
全長約72.5メートル
翼幅約117メートル

にもなる巨大なものです。

この長さは、サターンVロケットよりも長く、

世界最大の飛行船ヒンデンブルクの全長の約半分

この翼幅は
これまでに飛行したどの航空機よりも長く、

世界最大の航空機です

6基のジェットエンジン積載

これらのエンジンやアビオニクス、フライトデッキ、ランディングギアといった部品は、
2機のボーイング747-400を購入し、その機体を分解して流用します


空中発射ロケットは
ペガサスロケットを保有するオービタル・サイエンシズ社が開発を進めています

ロケットの1, 2段目には、大型の固体ロケットモータ

3段目には、液体酸素と液体水素を使うRL-10C-1エンジン2基搭載

あくまで実験機なので…なるべく低予算で作ろうとしています♪


低予算で…
((((;゜Д゜)))

« バチスカーフ〜 | トップページ | ブルーチーズ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ