« ツチノコ〜 | トップページ | 木星〜 »

2017年6月25日 (日)

和音〜

和音〜
和音〜
和音〜
こんっ(/▽\*)

雨、真っ盛りですね…

もう、夏至から数日たちましたっけ…

調べてみたら…
2017年6月21日に夏至。


北半球での昼の時間が最も長いのが夏至の日です。


昼とは日の出から日の入りまでを指し、

日本の平均的な昼の時間は14時間〜15時間位です

だが、しかし!


日本での夏至の日に
実際に太陽が照っている日照時間は?

大体5時間前後です


通常の約30%しかありません。


これは夏至の頃、本州付近で梅雨が本格化するので、
太陽が雲隠れしてしまい


日が射し込み難くなります♪


自然って、そんなもんです♪

人間には合わせてくれませんです♪

今夜は和音のお話♪


和音(わおん)は、高さが異なる複数のピッチクラスの音が同時に響く複合された音のことです

3つのピッチクラスからなる和音を「3和音」、4つのピッチクラスからなる和音を「4和音」などと呼びます

同時にたくさんの高さの音が鳴っても、ピッチクラスが3または4であれば、
それは基本的に3和音または4和音になります


和音の事は、コードとも呼びます


和音の進行をコードネームとも言います


和音は、
一定の周波数をもった自然音と、その整数倍の周波数を持った倍音で構成されています

こうした倍音は、元の音(基音)の一部でもあるため同時に鳴らすと協和して聞こえます。

古代ギリシャで、ピタゴラスが周波数の比率の単純な音が協和する事を発見

そして、17世紀に倍音が発見

19世紀にはヘルムホルツが、共通の倍音を重ねる音は人間の耳に協和して感じられる事を発見しました。


和音の効果として
主旋律等と和音が重なると厚みのある美しさを感じ取ることが出来ます

また、同じ旋律でも
伴奏の仕方や和音の付け方の違いで受ける感じを変える事が出来ます。

コードの例を…

代表的なコードネームがあります。
楽譜の小節の上などに付いていますよ。


これは
ハ長調の場合

1度の和音(Ⅰ)→C(シー) 

4度の和音(Ⅳ) →F(エフ) 

5度の和音(Ⅴ)→G(ジー) 

5度の7の和音(Ⅴ7)→G7(ジーセブンス)

と表します。

コードネームは調に関わらず固定しています。


感じとして
長三和音は明るい響きで
これらを、major(メジャー)の和音といいます。

短三和音は少し暗い感じで
minor(マイナー)の和音といいます。

これ以外にもたくさんの和音があります♪


実は、初心者でも和音(コード)を進行するだけで…
曲に聞こえたりする…

本当は曲じゃなく
空耳(気のせいの事)だけど…(;-;)

スッゴク簡単すぎる説明ですよね〜('')

音楽やってる人達に笑われますね…(;-;)ウルウル

« ツチノコ〜 | トップページ | 木星〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ