« 第六感〜 | トップページ | エドワード・ティーチ〜 »

2017年6月22日 (木)

軍手〜

軍手〜
こん〜(/▽\*)

2100年には、世界人口が112億人まで増えるらしいですよ♪。

インドが1位。日本は29位とか。

食料と水が足りなくなりそうですね…


地球の許容量は
たくさんの人間が生活出来るほど
大きくありません

どーするんでしょ?


まあ、上に立つ人達は何か考えてるんでしょうね…


何か…とてつもなく…恐ろしい事を…

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


んでっ、今夜は軍手のお話♪


道路によく
落ちてますね〜(’-’*)♪

なぜか、片方だけ

ペタッと
ひとつ

軍手(ぐんて)は、手袋の一種。白色の作業用手袋の事です

平編み(メリヤス)製のため伸縮性に富み、左右の区別がないのです

丈夫で安価な作業用手袋として用いられますが

元々、軍事用で「軍手」は「軍用手袋」の略です。日本軍が用いた事に由来しています。


軍手は作業時に切り傷、擦り傷などの怪我防止のために着用されますが

旋盤やドリル等
回転部分のある機械で作業を行う場合、手袋の布地が回転部分に巻き込まれる危険があり

結果、重傷を負う事故に繋がる事が多い為
機械使用の現場では軍手は使われません。


軍手の起源は江戸時代です
1844〜1860年頃
鉄砲隊が鉄砲を扱うときに使用しました

1867年に徳川幕府も軍隊を創設、これにより鉄砲隊が編成され
手袋の需要が大幅に増大しました。

明治に入り大日本帝国陸海軍が創設され、一層軍隊での需要が高まります。

この頃から軍手と呼ばれるようになりました

軍手の種類なんですが…これ↓

〇綿軍手
綿100%で編み上げた軍手です
熱に強い♪

火傷を軽減出来ます

〇化繊軍手
ポリエステル等の化学繊維や
綿との混合糸で編んだ軍手で最も安価です。

高熱に弱い

火傷に対する安全性は落ちますが、化学薬品への耐性があります

〇リサイクル軍手
衣料品等の繊維から再生した軍手

性能は綿軍手に匹敵しますが

元の衣料品の色がそのまま残っているため、様々な柄がついています…

カラフルです♪

〇滑り止め付き軍手
手の平の部分に、ゴム斑点などの滑り止め加工を施した軍手です

握った時の保持力は優れますが
熱に対する安全性は低い。

〇長軍手
手の保護のため、手首部分までカバーしている長い軍手

〇精密軍手
細かい作業用に、細い糸を用いて編み上げた軍手。

〇スマートフォン軍手
スマートフォンやタブレット端末などの静電容量式タッチパネルの操作が可能な軍手です

指先部分に導電性の糸を編み込んでいます。ただし感電に対する安全性は落ちます。

道に落ちてる1個だけの軍手って

一説には、トラックの燃料タンク付近に置いている物が
走行中に落ちるらしいんです♪

タンクの蓋の開け閉め(給油)を頻繁にするのでパッキンがダメになりやすく、
すぐ燃料が染み出て来るので

普段使っている安い軍手で
漏れない様にカバーしています


でもね…

最近、燃料タンクの蓋の性能向上で燃料が漏れにくくなり、

軍手を付けているトラックは少なくなってます。

それなのに…

落ちてる軍手の数は年々増えているとか…


え、ええ…?
((((;゜Д゜)))

« 第六感〜 | トップページ | エドワード・ティーチ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ