« ロメロ〜ロメロ〜 | トップページ | クロスボウ〜 »

2017年7月21日 (金)

バウリンガル〜

バウリンガル〜
バウリンガル〜
こんっ(/▽\*)

自動販売機へ缶コーヒー買いに行った私です♪

曇りです…

雨が少しずつ降ってます♪

今は4:11

やっぱり夏はアイスコーヒが一番です♪

んでっ〜今夜はバウリンガルのお話♪

面白いオモチャですよ♪

この間見ましたです♪


バウリンガル(Bow-Lingual)は、株式会社タカラ(開発は子会社のドリームズ・カム・トゥルー)、
株式会社インデックス、
日本音響研究所が共同開発した、
犬とのコミュニケーションツールです。

2002年9月発売。

本体と、犬の首輪に装着するワイヤレスマイクから構成されています。

首輪にワイヤレスマイクを取り付け
犬の鳴き声を本体に転送しリアルタイムで分析、

日本語等に翻訳します

また、その時の感情表現を本体の液晶画面に表示する機能があります。

「フラストレーション」「威嚇」「自己表現」「楽しい」「悲しい」「欲求」の6種類の感情を表示します

20万個の販売を目標としていましたが、
国内外で約30万個を売り上げ、
ヒットしました

外国人のウケも良く

2002年度のイグノーベル賞平和賞を受賞しました。


なお、猫用にミャウリンガルという姉妹品があります。


2009年8月27日には、機能を強化した新型「バウリンガルボイス」が発売。

この製品は
犬の言葉が音声で再生されるようになった他、

心理テストやクイズなどいくつかのゲーム的コンテンツも実装されました

現在では、手に入れる事が難しいバウリンガルですが〜

最新バージョンとして

iOS用に


2010年11月11日ツイッター連携機能を搭載した

バウリンガル for iPhone がリリースされました。

この製品は、iPhoneを使用し


動物と話が出来るアプリとして

販売されました


バウリンガル for iPhoneの仕組みです

バウリンガルの翻訳エンジンは

犬の鳴き声を声紋解析して、6つの感情の中の1つを判定し、

翻訳辞書からその感情に対応する言葉を1つ選び表示します。

やはり、相手が動物なので
状況によっては、その場にそぐわない言葉が表示される可能性があります。

お値段、約600円

今は、もっと安くなっている可能性があります♪


ちなみにミャウリンガルは
あまり売れませんでした〜


だって、ネコちゃん
あまり鳴かないし…

仕方無いね♪


だが、しかし


人間の言葉を猫の鳴き声に翻訳する

人猫翻訳機と言うものが
iPhone用のアプリにあります


人間って
暇なんだね〜

« ロメロ〜ロメロ〜 | トップページ | クロスボウ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ