« バルキリ〜 | トップページ | ジーンズ〜 »

2017年7月16日 (日)

こん〜(/▽\*)

暑いです〜

あまりの暑さに目が霞みます♪

私の魂は
天にも昇る気持ちです〜♪


えっ!?


ええっ!?


んでっ!?今夜はジーンズのお話♪

ジーンズ(jeans)は、デニム生地や他の棉生地で作られたズボンです。

生地が厚いほど硬くゴワゴワした触感の衣類なので、
馴染むまで時間がかかります。

丈夫で破れにくいのですが通気性が悪く、夏場に使用すると非常に暑い

ジーンズに使用されるデニム(denim)生地は、
タテ糸をインディゴ染料によって
藍色に染色し、ヨコ糸を染色していない糸で綾織りにした、
素材が綿の厚地織布の事です。

生地の裏側に白いヨコ糸が出るのが特徴。

最初のジーンズは染めていませんでした

1870年、アメリカ合衆国のヤコブ・デービスは、リーバイス社から仕入れたキャンバス生地を使用し

銅のリベットでポケットの両端を補強した
仕事用パンツを発売しました

これがジーンズの始まりで最初、鉱夫の作業着でした。

ヤコブは、このリベット補強パンツの特許を取得しようとしましたが
資金が無く、

仕方ないため権利の半分を譲るという条件でリーバイ・ストラウス社に特許申請を依頼

特許申請は1873年5月20日に受理され、ジーンズはリーバイ・ストラウス社製の製品として製造販売されました。

その後、素材はキャンバス生地からインディゴ染めのデニム生地へと改良され、

1940年代に現在のジーンズとほぼ同じデザインになりました


この時代のデニムに使用されているインディゴ染めは天然の物は使われていません

初期のジーンズにも使われていません

これらは合成インディゴです

しかもインディゴ染めには虫や蛇避けになると言われていますが…

科学的には天然インディゴに、僅かながら虫除け効果がありますが

蛇避けには全く効果が無く

確実に咬まれます

ガブッと

それに、ジーンズ着用時の注意が…

特に女の子


デニムで出来たジーンズは例外無く硬く

生地による摩擦刺激が慢性的に加わると

皮膚の黒ずみの原因になります

ちなみに、自転車のサドルも摩擦がおき
同じ事になります

スキニージーンズ等
身体にフィットするジーンズは、女性に人気がありますが

ピッタリしたジーンズをはくと、神経圧迫や、しびれが生じる可能性があります

他にも〜(’-’*)♪

接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎

ジーンズのリベットによる
金属アレルギー皮膚炎


皮膚炎を起こすと

その後にシミとなって残ります♪


気を付けてね〜
(/▽\*)


« バルキリ〜 | トップページ | ジーンズ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ