« 盆踊り〜 | トップページ | 橋〜 »

2017年8月 8日 (火)

お面〜

お面〜
お面〜
お面〜
おは〜(/▽\*)

いつも訪問して下さり
ありがとうございます(/▽\*)


とても元気が出ます(/▽\*)

話が変わりますが…台風がスゴかったですね…


あんなにノンビリとした台風って初めてです(;-;)

なんか、いっぺんにダムの水が満杯になったとか♪


犠牲になられた方には
お悔やみを申し上げます


雨が降ってたのでスズメやネコちゃんは来ませんでしたが…カラスは近所で鳴いてましたよ!

さすがカラス…
鳥類最強かも
((((;゜Д゜)))


んでっ♪今朝はお面のお話♪

お面、本来は仮面(かめん)もしくはマスク(mask)は、

人体中の顔の一部または顔全体に被る物、または覆う物を言います。

頭部まで覆う物を含める事もあります。

日本では「仮面」とは、顔を隠し正体を分からなくするために用いられたり(覆面と呼ばれます)、または儀式や演劇や祭礼などの時に
役になりきる為に使われます


ちなみに、鼻や口などを中心に衛生・防護目的で覆う実務的な物は「マスク」と呼ばれ
「仮面」には含まれません


仮面を使用すると

装着する仮面がかたどっている神・精霊・動物等
に人格が変化する(神格が宿る)とも信じられ、

古くから宗教的儀式・儀礼またはそれにおける舞踏、あるいは演劇などで用いられてきました。


仮面を使用した舞踏(儀礼)は、紀元前4000年頃には
すでに行われていました。

これは当時描かれたアフリカの壁画から推測されています。


日本における最古の仮面は縄文時代の土面と思われます。


日本では、一般的に
作られる素材によって呼び方が変化します

布等のやわらかい素材で顔を隠す物をマスクまたは覆面と呼び

硬質の素材で作られた物を仮面と呼びます


伝統芸能である能楽などに用いる仮面(能面)は、仮面とは呼ばず
「面」と呼ばれます(専門的には「おもて」と呼ばれます)。

面の呼び方を
ていねいにした呼び方が「お面」で

これとは別ですが

現在で祭などの際に

屋台で子供向けに
さまざまなキャラクター物を販売しています。

これらも、なぜか「お面」と呼ばれます♪

私は、ナゼか「お面」を買った事がありませんっ


だって…怖いし♪

よくありますよね〜


かぶると取れなくなるとか…

見ると逝ってしまうとか…

私はお面が

怖いんですっ!!

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

« 盆踊り〜 | トップページ | 橋〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ