« お供え物〜 | トップページ | 盆踊り〜 »

2017年8月 6日 (日)

桃太郎〜

桃太郎〜
桃太郎〜
こん〜(お昼バージョン)(/▽\*)

今日は土用の丑の日です!

ウナギ受難の日…

今年は2回目ですね♪

夏の土用の丑の日は
今年は2017年7月25日(火)
8月6日(日)
です。

2016年は7月30日の1回だけでしたが…

今年は、ナゼか2回もあります♪

1回目の7月25日を一の丑、2回目の8月6日を二の丑と呼びます。


ちなみに、土用の丑の日は夏だけではなく

春・夏・秋・冬それぞれにあるんですよ〜


2017年では・・・

冬:1月26日(木)
春:4月20日(木)、5月2日(火)
夏:7月25日(火)、8月6日(日)
秋:10月29日(日)

が土用の丑の日。

いっぱいある〜


土用は、立春・立夏・立秋・立冬より前の約18日間のことを言います

丑の日とは
日本には十二支の干支(えと)がありますね

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
です!

この中の「丑(うし)」の事です。
干支は、古くから今年の干支という使い方の他

方角や時刻や日にちを数えるのにも使われていました
日にちで言うと、十二支あるので…

12日周期で丑の日がやってきます。

なので、土用の丑の日とは…

土用の期間におとずれる丑の日の事を言います。

土用の期間内かつ丑の日になる日が「土用の丑の日」

何故に、この日にウナギが美味しく食べられてしまうかと言うと

平賀源内が諸悪の根源


日本では古くから「丑の日」に
「う」のつく食べ物を食べると縁起が良いと言われていました。


江戸時代、夏にウナギが売れず困っていたウナギ屋さん
(ウナギの旬は本来、冬(10月〜12月頃)です。)

当時有名な蘭学者の平賀源内に相談しました

平賀源内は「本日 土用の丑の日」と書かれた看板をウナギ屋の店先に出す様に勧めました…

縁起の良い「う」が付くウナギ屋さんは大繁盛

その評判を聞いた他のウナギ屋さんも真似をしてしまい…

現在の土用の丑の日が
ウナギの日として定着したんです

ホントかなぁ〜


んでっ、今日は桃太郎のお話♪


桃太郎(ももたろう)は、日本のおとぎ話の1つです。

みんなが知ってるので…
簡単なあらすじを

桃太郎は勧善懲悪の物語です。

拾った桃から生まれた子供をお爺さんとお婆さんは桃太郎と名付けます

成長した桃太郎はある日
鬼ヶ島の鬼が人々を苦しめている所を目撃

鬼退治に旅立ちます


出発時には両親からキビ団子を餞別に貰い
途中に遭遇するイヌ、サル、キジにそのキビ団子を分け与えて家来にします。

鬼ヶ島での鬼との戦いで勝利をおさめ、鬼が人々から奪った財宝を持って帰り、

お爺さん・お婆さんの元に帰って幸せに暮らしたと言う物語。


えっと〜

桃太郎の出身地は不明です!

岡山県(昔は吉備の国と呼ばれていました)が名乗りを上げて全国的に有名ですが…根拠がありません♪


作られた時期は室町時代とされ、江戸時代以降に広まりました

草双紙の赤本による『桃太郎』『桃太郎昔話』が最初の本です。


実は、女の子バージョンの桃太郎伝説もあります♪

香川県では桃太郎が女の子でした(生まれた女の子があまりにも可愛らしいので
鬼にさらわれないように桃太郎と名付けられました)

桃は聖なる食べ物で破邪の力があり
その為、桃太郎と言う名を付けました

実は、桃太郎の伝説は干支と深い関係があり…


鬼は、丑と寅の間の方角(北東)である「鬼門」から取られました

鬼は
牛の角を生やし、虎の腰巻きを履いていますね♪

それに対抗するのが
破邪の力を持った桃太郎!

「鬼門」の鬼に対抗して、「裏鬼門」に位置する申(サル)、酉(トリ=キジですね♪)、戌(イヌ))を率いて戦います!!

勝てないはずは
ありませんです♪

ちなみに、幽霊さんに取り憑かれたなぁ

って時は

桃を食べると良いですよ♪

桃は前述のように邪気を祓う霊物で
仙人が食べる仙果です


桃、美味しいですよね♪

« お供え物〜 | トップページ | 盆踊り〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ