« 狐の嫁入り〜 | トップページ | 猫カフェ〜 »

2017年8月24日 (木)

マミ〜

マミ〜
こんっ!
(/▽\*)

なにこれ!
いきなり暑くなりましたです(;-;)ウルウル

セミも復活です!
ジージー鳴いてます!?


ホントに…
なにこれ!


んでっ!?今夜はマミーのお話♪

森永マミー(森永乳業の乳酸菌飲料)じゃないよ♪


マミー(ミイラ)前にも書いたけど…


「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」って映画がコケたらしいので…
コケた記念に♪

トム・クルーズ主演なんですが…

トム・クルーズが主演した映画で「カクテル」をも上回る駄作らしい…


出てくる女優さんは面白かったですが…

これってホラー映画なのかな?

この映画は
1932年の「ミイラ再生」のリメイクです!

さらに、

ヒットした「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」(これもミイラ再生のリメイク)のリメイク

しかも、安定感に好評のあるトム・クルーズを入れました

ストーリーはかけませんが…


( ; ゜Д゜)ポカーン…


って感じでしたー


あ、マミーね…

つい、我を忘れましたー


マミー(mummy)とはミイラの事です

人為的な加工や
自然条件によって乾燥、長期間原型を留めている死体のことです。永久死体とよばれます


同様に長期間保全される状態となった死体としては

他に、「死蝋(しろう)」もあります。

ミイラが乾燥によって作られるものであるのに対して、
湿潤環境によって蝋化成立する永久死体です。

ミイラの仲間です

古くから神秘的な力があると考えられ、

ミイラを作成すると、死者を後世まで残す事が出来ると信じられていました

数百年、数千年たっても、生前の面影を漂わせるミイラもあります。

マミーとは、古代エジプトのミイラをそう呼ぶ事が多いです


古代エジプトでは、紀元前3500-3200年から
人工的な遺体の保存が始まっていました。

マミーは来世に復活出来る様に
つくられたのです

臓器を出した死体を70昼夜にわたって天然炭酸ナトリウムに浸し、

その後、布でグルグル巻いて完成させました

マミーの包帯を巻いたイメージは、この古代エジプトのミイラ作成から来ています

心臓以外の内蔵は取り出され、脳も取り出します

取り出された臓器は4個の「カノプス壺」に入れられて保管されます。


この姿は
映画によく出てくるマミーですね

実は、マミーを食べる人が居るのです

漢方薬として
マミーは高く売れました

現在、エジプト等での
マミーの発見率が少ないのは…

墓荒しがマミーを松明代わりにしたり…

薬として盗み出した事が原因です…


人間って、こんなことします…

ダメダメじゃん!

« 狐の嫁入り〜 | トップページ | 猫カフェ〜 »

オカルト」カテゴリの記事

無料ブログはココログ