« レオパルド2 〜 | トップページ | フォルクスワーゲン・ビートル〜 »

2017年10月17日 (火)

銃撃〜

銃撃〜
こん〜(/▽\*)

雨〜

この季節は
雨が降ると気温が下がっていきます…

たくさん降ると…
大きく下がる…

何故かは知りませんっ
(/▽\*)♪

風邪には
気を付けてね〜
(/▽\*)


今夜は、アメリカ・ネバダ州ラスベガスの銃乱射事件のお話♪


2017年ラスベガス銃乱射事件は、2017年10月1日にアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスでスティーブン・パドック容疑者が無差別に銃を乱射し、58人を殺害した大量殺人事件です。

事件の内容は
ネバダ州在住のスティーブン・パドック容疑者が
マンダレイ・ベイ・リゾート アンド カジノビルの32階スイートルームから

大通り沿いのラスベガス・ウ゛ィレッジで開かれていたThe Route 91 Harvestカントリー・ミュージックフェスティバル会場に向けて

自動式の銃を数千発も発砲、58人が死亡、489人が負傷しました。

パドック容疑者はその後、自殺しました

アメリカでの単独犯による銃乱射事件としては、死亡、負傷者数で史上最悪の被害となりました

慎んでご冥福を御祈り申し上げます

部屋からAR-15系ライフルとAK-47系ライフル
他に、23丁の銃と弾薬が発見されました

その中の2丁は三脚固定されテレスコピックサイトを装着
そして「バンプファイアストック」と言う部品を使い
全自動連射が出来るように改造されていました。

この銃も含めて、他に12丁も、この部品で改造しています

なお、銃撃は約10分間に渡って行われました


犯人は、かなり計算して犯行を行いました


〇一か所に2万人以上もの人々が密集していた場所を狙いました
こうすると、必ず誰かに当たります

〇事件発生時に観客はどこから銃撃があったか分からなかったので、地面に伏せました。それが裏目に出て
上から銃撃していた犯人からは動かなくて狙いやすい格好の的となってしまいました。

〇夜間なので、警察が狙撃地点を割り出し、犯人の部屋に辿り付くまでに時間がかかりました。


〇また、犯人はホテルの廊下やドアにカメラを装着し、警察の接近に備えていました。


〇弾道計算をした痕跡がありました
銃撃現場の写真が公開された時、部屋の机の上にメモが置かれており

犯人が自身の高度(高さ)、会場までの距離等を元に

「どこを狙えばより多くの人間を殺害できるか」

という弾道学を元にした高度な計算を行ったメモであることが捜査当局の情報筋が発表しました

つまり、犯人は
やみくもに撃ったわけではなかったんです…

しかも、廊下やドアを監視しているので…警察から逃げる事も考えていたのかも知れませんね…


日本は銃が少ないので…安全かと思われがちですが

過去に、鉄パイプや消火器で爆弾を作ったり

プロパンガスボンベで大砲を作ったり

日用品で出来る凶器があるんですよ…

これらは実際、使われた事もあります


人が集まるとこや
交通機関は要注意です!

みんな
気を付けてね〜

« レオパルド2 〜 | トップページ | フォルクスワーゲン・ビートル〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ