« シャベル〜 | トップページ | フラットウッズ・モンスタ〜 »

2017年10月21日 (土)

燃料気化爆弾〜

燃料気化爆弾〜
燃料気化爆弾〜
こん〜(/▽\*)

ニコニコ動画で
がっこうぐらし!一挙放送を見てました♪

疲れた…

とても、面白くて泣けるアニメーションなんですが…

連続はキツイ♪

んと、今夜は、燃料気化爆弾のお話♪

最近は、小型化されています
サーモバリック爆薬(サーモバリックばくやく、英: Thermobaric Explosives)と言い

燃料気化爆弾の次世代型に当たる気体爆薬が使われます


燃料気化爆弾(ねんりょうきかばくだん:Fuel-Air Explosive)は、爆弾の一種です。

気化爆弾とも呼ばれています。


元々、爆発事故の原因であるBLEVE現象を
兵器に応用した物です。

第二次世界大戦中にドイツで開発されました

完成実用化されたのは
ドイツの終戦後1980年代です。


燃料気化爆弾は、火薬ではなく酸化エチレン、酸化プロピレンなどの燃料を加圧沸騰させ、BLEVEという現象を起こします

それを空中に散布し(燃料自身の急激な相変化によって行われるため、秒速2000mもの速度で、一瞬に空中に拡散します。放出に要する時間は100ミリ秒以下)

瞬間的に広範囲に拡がった燃料に着火して自由空間蒸気雲爆発をおこさせます

爆発は空間爆発なので強力な衝撃波を発生させ、12気圧の圧力と2500-3000℃の高温を発生させます。


加害半径は
小さな物でも
一般的に数百mと推定されています。

広範囲に衝撃波を発生させるため、特に人体に多大な影響を与える事が知られています。

最近では湾岸戦争などで使用されました

被害者(死体)の損傷に特徴があり有名になりました。


燃料気化爆弾の破壊力は、爆轟圧力が長く続き、
TNTなどの固体爆薬だと一瞬でしかない爆風が「長い間」「連続して」「全方位から」襲ってくるところにあります。

その為、燃料気化爆弾による傷は爆薬によるものとは異なった様相を見せます。

これは、燃料気化爆弾が爆風、熱、急激な気圧変化で被害を与えるためで


通常の爆弾の場合は
爆風以外に外殻の金属片を弾丸の様に撃ち出し
肉体を損傷させますが

燃料気化爆弾は損傷が少ないのです

また、被害半径の広さから考えると…
核兵器に次ぐ威力になります


これって…完全に対人兵器ですよね〜(;¬_¬)

« シャベル〜 | トップページ | フラットウッズ・モンスタ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ