« ミニ〜 | トップページ | 焼玉エンジン〜 »

2017年12月 5日 (火)

ボイジャ〜

ボイジャ〜
ボイジャ〜
おはっ!
(/▽\*)


朝は…

ビスケットとビタミン剤で済ませる事の多い私です…


まるで…


『がっこうぐらし』だね…


だが、しかし


私の方が先に始め………

あ"〜!

自慢にはなりません〜(;-;)ウルウル


ご飯は、ちゃんと食べてね…

ゼッタイだよ…

今朝は、ボイジャーのお話♪

惑星探査機です♪


有名です♪


今では、宇宙望遠鏡やコンピューター画像補正を行う地上配備望遠鏡に

役割の殆んどを
とって変わられました


ボイジャー計画(ボイジャーけいかく:英: Voyager program)は、
アメリカ航空宇宙局(NASA)によって行われた

太陽系の惑星および太陽系外の探査計画です。

2機の無人惑星探査機ボイジャー(英: Voyager)を使用した遠大な探査計画で

1号機、2号機とも1977年に打ち上げられました。

この時期には
ちょうど、太陽系の惑星配置が
それぞれ近い範囲に集まっており

木星・土星・天王星・海王星を連続的に探査する事が可能でした

この機会を利用して打ち上げられています。

1号機・2号機とも故障や失敗をせず

太陽系惑星や衛星の鮮明な映像撮影に成功し、新衛星など多数の発見に貢献しました。

2機の探査機の仕様は

1号機、2号機双方とも
重量721.9kg、出力420W

2号機は、より容量の大きい電源(プルトニウム型原子力発電機)を搭載しているので寿命が長い。

ボイジャー1号は1977年9月5日に打ち上げられ、
主に、木星と土星
そして、その衛星を観測しました。

ボイジャー2号は1977年8月20日に打ち上げられ、1号が訪れた惑星に加えて
天王星と海王星
そして、それらの衛星を観測しました。

ボイジャーの撮影した画像は当時の最高解像度で
送られて来るセンサー類のデータも貴重な物でした

結果、各惑星で新しい衛星を発見したり、
木星、天王星、海王星にも土星と同じような
薄い環があることが発見されます。

また、衛星トリトンでの大気の発見のほか、衛星イオに火山が存在する事も明らかとなりました

ちなみに1号の方が2号よりも後に打ち上げられています

これは本来同じ日に打ち上予定だったんですが
1号機がシステム不良のため16日間延期された為ためです

また、当初
冥王星の探査計画もありました

1号機が天王星や海王星を通らずに冥王星へ向かう軌道が構想されてはいました。

が…

最終的に軌道計画が見直されて
冥王星探査はキャンセルされ、代わりに衛星タイタンへの接近探査が行われましたた

ボイジャーは
たくさんの惑星でスイングバイ航法を行い
高速度を出しています

これほど、多くの惑星でスイングバイ航法を行うのは異例で

もし、この規模のスイングバイ航法を用いなかった場合、

ボイジャーが地球を出発した時の速度では木星あたりまでしか到達出来ないのです。

ちなみに、次に同じような惑星配置になり、
たくさんの惑星でスイングバイ航法が出来るのは100年以上後です


実は、冥王星に向かう予定を変えてまで衛星タイタンを調べたのですが

タイタンの大気が予想外に厚く、ボイジャー1号では雲の下まで観測出来ませんでした

アチャ…(>_<)

結果的に冥王星探査の方が良かった可能性があります


ボイジャーには「地球の音」(The sounds of Earth) というタイトルの金メッキ銅板製レコードが取り付けられています

これには、地球上の様々な音や音楽
(日本の尺八による「鶴の巣篭もり」(奏者: 山口五郎)もあります)

また、55種類の言語による挨拶
(日本語では「こんにちは。お元気ですか?」収録)

そして、様々な科学情報などの写真、イラストが収録され

映画、「スタートレック」で関係している
「ザトウクジラ」の歌も収録されています。

これは、ボイジャーが太陽系を離れたとき
地球外知的生命体によって発見されることを期待して
積み込まれました

ボイジャーは
まだ生きています

米航空宇宙局(NASA)は2017年12月1日、
1977年に打ち上げた探査機「ボイジャー1号(Voyager 1)」の噴射エンジンを37年ぶりに起動させる事に成功したと発表しました。

ボイジャーは、まだ地球へ向けて
毎日通信を行っています


約40年前に打ち上げられた無人探査機ボイジャーは、

現在、人類史上、地球から最も遠くを飛行する人工物ですが

地球との通信を続けるためにはアンテナの向きの微調整が必要

現在位置は「地球から130億マイル(約210億キロ)」です


アンテナの微調整を行う事ができる
エンジンが使用可能なことが判明したおかげで、ボイジャー1号の通信期間は約2〜3年延びたとNASAは説明しています


この年代の機械はスゴいですね〜


今の機械だと
数年持ちこたえられませんよ♪

私の持ってるエレコムハードディスクは10カ月…
パナソニックDIGAは14カ月…

あの世行きでした♪

昔の機械、
もはや、ロストテクノロジーです

« ミニ〜 | トップページ | 焼玉エンジン〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ