« ハート〜 | トップページ | 雛人形〜 »

2018年2月12日 (月)

天王星〜

天王星〜
天王星〜
こん〜(/▽\*)

寒いね〜

最低気温がマイナスって…

最高気温が10℃以下って…


雪ダルマに
ならざるを得ない!!


あ、着膨れってコトね〜

んでっ〜今夜は天王星のお話♪


不気味なほど

キレイな星です


天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から数えて7番目に位置する惑星です。

太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目に大きい

1781年3月13日
イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルが発見しました。

Uranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノス(ラテン文字転写: Ouranos)のラテン語形です。


かなり遠距離にある惑星ですが
最大等級が+5.6等ある為、
地球に最接近した時は肉眼で見える可能性があります

天王星はガスと多様な氷から出来ています

大気には水素が約83%、ヘリウムが15%、メタンが2%含まれており
天王星が青い色なのは
メタンが特定の光の波長を吸収した為です

内部は重い元素で出来ており

核は岩石と氷

マントルは、水やメタン、アンモニアが含まれている氷から出来ています

その他、
酸素、炭素、窒素も多く含まれており

殆んどが
水素とヘリウムでできている木星や土星とは構成物質が異なる為

天王星と海王星は天王星型惑星として分類されるようになりました。


なお、天王星型惑星は殆んど氷で出来ている為
巨大氷惑星とも呼ばれます


天王星の基本情報として

〇太陽からの平均距離:28億7,503万km

〇大きさ(赤道半径):25,559km
直径は地球の約4倍。

〇質量:8.686×10の25乗 kg(地球に対して):14.54倍

〇平均密度:1.27g/cm・

〇公転周期:84.0223年

〇自転周期:0.718日(約17時間24分)

〇衛星の数:2009年1月時点で
すべて軌道が確定したものは27個


天王星の大きな特徴として、公転軸に対して自転軸が98度傾いています

この為、天王星の1日は異常に長く

北極や南極の真上に太陽が通ります

つまり、昼が42年間
夜が42年間

ちなみに、なぜ横倒しになったのかは分かっていません

仮説としては
過去に大きな天体が天王星に衝突し、その影響で自転軸が傾いてしまった

または、過去に巨大な衛星が天王星の周りを回っていた為
衛星の影響で徐々に傾いていった

との説があります

そして、天王星には磁気と環があります


なんか、記事が数字ばかりになった…


ごめんなさい
(;-;)ウルウル

« ハート〜 | トップページ | 雛人形〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ