« 怪談〜 | トップページ | 電磁パルス〜 »

2018年3月18日 (日)

桜〜

桜〜
こんーっ
(/▽\*)

サクラが咲きましたです♪


ソメイヨシノォォォォォォォ〜

2018年3月17日(土)、東京都心で桜(ソメイヨシノ)の開花発表がありました。

これは平年より9日、昨年より4日早い開花♪

ちなみに、1953年からの観測以来、最も早い開花の2002年、2013年の3月16日に次ぐ早さですっ!

ソメイヨシノは接ぎ木で増やされた同一クローンのサクラです

病気に弱く
樹齢40年頃で衰え始め

寿命は最低60年

あくまでも、最低限です

60年以上生きている
ソメイヨシノも存在します

ソメイヨシノ…

いじめないでね〜

枝、折らないでね〜(’-’*)♪


んでっ〜今夜は桜の怖いお話♪

春のホラー特集だからね〜(・・)

でも、日をあけて話さないとね


で、明日からしばらく休み

本題を〜

桜は命を吸い取る樹です

不吉、縁起の悪い樹だとされています。


桜の花は
特殊な散りかたをします
それを「人の死」と関連付け、桜は縁起が悪いものと考えられていました。

現在では、特攻隊の死が例えられていますね
(詳しい事は、センセに聞いて〜)

その他、桜の季節に結婚すると長続きしないと避けられています。


ちなみに
なぜ、死と関わりがあるのか…

それは桜が
墓地や戦場跡地などに多く生えてくるため

この事から桜は
人骨や血を吸って育つと言われています


しかし、最大の理由は
桜の樹には
霊が集まるという伝承が存在します。

この霊達は
鬼によって連れてこられた為

桜の樹から離れることが出来ません

この霊達が仲間を求めて
桜のそばに来た人を捕らえてしまいます

捕らわれた人は
霊の仲間入り♪

小泉八雲の著書に…

こんなことが


伊予の国(愛媛県)のこと

ある侍の屋敷に美しい桜が毎年咲いていました

侍は、それを楽しみに生きていたのです

この、見事な桜を見る為
親戚や近所の人等が訪れ
屋敷は賑やかでした

しかし、時がたち

侍は老い…
桜の樹も枯れかけていきます

時の流れは無情です

屋敷も寂れ

侍は
自らの死期を悟ります

侍は、賑やかだった昔を想い

せめて桜だけでもと
桜の樹の下で切腹します


そして…


願いは叶い
桜は甦りました


その桜には、侍の想いがこめられていたのです

枯れかけた桜を自らの命をもって蘇らせたのです。

侍が切腹したのは1月16日
桜は、侍の命日にだけ

花を咲かせます…


侍に
観てもらえるように…

« 怪談〜 | トップページ | 電磁パルス〜 »

オカルト」カテゴリの記事

無料ブログはココログ