« ハイオク〜 | トップページ | 愛鳥週間〜 »

2018年5月11日 (金)

キラウエア火山〜

キラウエア火山〜
キラウエア火山〜
こん〜(/▽\*)

暑いやら、寒いやら…

なにこれ

服選び迷うわ!!
“o(__#)!!


あっ!?
火山の影響?

ハワイの…


イヤイヤイヤ〜違うよね…

そう思いたい…

違うよね…
ヾ(´・ω・`)

んでっ、今夜はキラウエア火山のお話♪


火山…

キラウエア火山(キラウエアかざん)は、
ハワイ諸島のハワイ島を構成する5つの楯状火山の1つです。

活火山であり、現在も噴火が続いています。マウナロア火山と共にハワイ火山国立公園に指定されています。


頻繁に溶岩の流出がある火山で

マグマは玄武岩質で粘りが少なく、
数mから数百mの溶岩噴泉と、溶岩流を発生させます

爆発的な噴火は稀で、比較的に安全な火山と認識されています


キラウエア火山はハワイ・ホットスポット火山の一つでもあります


キラウエア火山が形成された時期はわかっていませんが、30万-60万年前と推定されており、

5万-1万年前に海上に現れていたと思われます。

キラウエア火山の山体は、
地球上で最も大きいマウナロア火山の南東斜面の上にのっています。

キラウエア火山の標高は1247 m、

マウナロア火山の標高4169 mと比べるとかなり低くなっています。

これは、溶岩の流動性が高い為です

キラウエア火山は
同諸島の中の火山で最も火山活動が活発で

1983年以来、ほぼ断続的に噴火を継続させており、

これはキラウエアの最近約500年間の歴史においても、最も長く継続している噴火活動です。


2018年5月3日(現地時間)に
ハワイ島のキラウエア火山は噴火しました

地面が割れて、溶岩が70メートル上空まで吹き上がっており、
ハワイ島は3日、マグニチュード6.9の地震が発生しています。

5月8日14時時点では
西部のエリソン・オニヅカ・コナ国際空港、東部のヒロ国際空港は「通常通り開港」しており、
「島内のホテルやアクティビティなども通常どおり運営」されているため、観光に影響はないとされています。

火山から溶岩が流出している場所は
今のところ東部プナ地区の一部エリアで、

ヒロ国際空港まで約35km、ハワイ観光の中心部コハラ地区、コナ地区へは約145〜160km離れています

でも、心配ですね

« ハイオク〜 | トップページ | 愛鳥週間〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ