« AI〜 | トップページ | 柳〜 »

2018年6月23日 (土)

エクソシスト〜

エクソシスト〜
こんっ(/▽\*)

そろそろ
蝉が鳴きそうですね

あれが鳴かないと
夏の実感が湧きませんです♪


ちなみに
私の所は
まだ鳴いてません

何か
明日から雨らしい…

まぁ、梅雨だからね〜(’-’*)♪


んでっ〜今夜はエクソシストのお話♪

夏のオカルト特集…


数が激減してます♪


ヴァチカンはエクソシストの教育と訓練を行っています。

ローマを本拠地とする
カトリックの教育機関、教皇庁レジーナ・アポストロルム大学で、簡易講習が開講されました。

内容は、悪魔祓いと解放の祈り

つまり、憑依状態の解放
そして、祈祷文の講習らしいです。


しかし、あくまでも簡易講習です


エクソシスト(exorcist)は、キリスト教、特にカトリック教会の用語で、エクソシスムを行う人です。

エクソシスムとは
誓い、厳命を意味するギリシャ語で、

悪魔にとりつかれた人から、悪魔に命令して追い出し正常な状態に戻すことを言います。


かつてはカトリック教会の下級階級の一つでした


カトリック教会の場合

エクソシストは、カソック、サープリス、紫色の頸垂帯を着用します。

悪魔祓いの正式な規則は『ローマ典礼儀礼書』に記されており、

どのような場合でも、
まず、エクソシストは訪れて来た依頼者が
悪魔に憑かれているのか、妄想なのかを見極めなければなりません

特に精神性の疾患でないかを注意深く検討します


任務を引き受ける場合
司祭が行います

司祭は、清廉潔白、思慮深く、謙虚である事。

行う前に、特に重要なのは祈祷と断食をする事。


悪魔祓いは、教会の規定に則って行ないます


憑依された者に、祈祷、断食、告解、聖体拝領による悪魔祓いをしたいという気持ちを起こさせなくてはならなりません。


悪魔祓いは、礼拝堂、教会、教会内の礼拝用の小部屋で、十字架とマリア像を備え、少人数で行ないます


儀式は聖水の散布

そして、悪魔に憑かれた者に十字架を掲げ
祈祷を行います。

この時、取り憑いた物の真名を聞き出す事もあります


悪魔の排除が1度で達成されない場合、儀式を繰り返し行ないます


日本とは違いますね♪


エクソシストに限らず
どんなお祓いでも

よく、1回で祓えるとか信じられてますが…


普通は
かなりの回数が必要なんですよ♪

« AI〜 | トップページ | 柳〜 »

オカルト」カテゴリの記事

無料ブログはココログ