« ガス警報器〜 | トップページ | ネクロマンシ〜 »

2018年8月 4日 (土)

夕焼け〜

夕焼け〜
おはっ(/▽\*)


今日は

いや…今日も
とっても暑くなるんだって

気象庁、関東甲信から九州に高温注意情報。熱中症対策呼び掛け。


だって…


ナンダローナー

これって、何かの試練!?


乗り越えたら〜

神様とか
ご褒美くれるとイーね♪


んでっ〜今朝は夕焼けのお話♪


あ、火星見ました?

綺麗だよ〜

夕焼けも
あんな色♪


だが、しかし

夏のオカルト特集なので…


夕焼け(ゆうやけ)は、
日没の頃、西の地平線に近い空が赤く見える現象のことです。

日の出の頃に東の空が同様に見えるのは朝焼け(あさやけ)といいます。


原理ですが

光は、透過するとき固有波長が障害物よりも大きければ通過しやすい傾向があり、
この現象はレイリー散乱と呼ばれます。

日中は長波長(約700nm)の赤色光は波長が大きいため散乱しにくく
短波長(約470nm)の青色光は大気の熱的ゆらぎにより散乱するため

空は青く見えます


夕方になると太陽光線の入射角が浅くなり、
大気層を通過する距離が日中よりも伸びます。

すると青色光は障害物に衝突する頻度が増し、
吸収される等の要因によって地表に到達しにくくなります。

代わって黄(約580nm)、橙(約610nm)、赤などの長波長光線が散乱され、
太陽が沈む方向の空が赤く見える様になります。

大気中に微粒子が大量に存在すると
顕著に現れます
1883年、世界中で鮮やかな夕焼けが確認されのですが
これはクラカタウ火山の噴火により大気中に障害物が撒き散らされた為


非常に稀な現象もあり
見通しの良い場所で、夕焼けや朝焼けの太陽の上端が
「緑色に光る」グリーンフラッシュという現象がみられることがあります。

ちなみに、火星では
大気による短波長の散乱よりも
砂塵や塵による長波長の散乱が多い為、
ピンクの空と青い夕焼けが見られます

こんな話があります♪

私達が生きてる
この世界と

全く違う世界に繋がりやすい
時間帯があるそうです


それが、太陽が昇る寸前と

沈む寸前の時間帯

何かの些細なキッカケがあると


あちらの世界に迷い込むんですよ


例えば、エレベーターを使った時とか

トンネルをくぐった時とか


列車や車に乗っているときとか


私達の世界と
あちらの世界は似ていますが…

1つ違うところがあります


空の色♪


あちらの世界には
青空は無いそうです


大体、夕焼けの様な空なんですが

色がね…

赤黒いんです

入り込まないように気を付けてね〜(/▽\*)

« ガス警報器〜 | トップページ | ネクロマンシ〜 »

オカルト」カテゴリの記事

無料ブログはココログ