« 東尋坊〜 | トップページ | 立秋〜 »

2018年8月 7日 (火)

顔認識システム〜

顔認識システム〜
おは〜(/▽\*)

夕立ですよ!


夏は油断できませんね〜

濡れるのがイヤで
タクシーを使いましたよ


もう、乗らざるをえない♪


んでっー!今朝は顔認識システムのお話♪


夏のオカルト特集なので


今回は
お盆が近いので

これで終了にしたいと…


だって、やって来たらイヤだし…


顔認識システム(かおにんしきシステム:英語:Facial Recognition System)は、
監視カメラのデジタル画像から、人を自動的に識別するためのコンピュータ用アプリケーションです。

画像内の顔と思われる部分を抜き出し、顔面画像データベースと照合することで識別を行います。


認識アルゴリズムは
主に2種類に分類され、

1つは、見た目の特徴を幾何学的に比較する方法


もう1つは
画像を統計的に数値化し
その数値をテンプレートと比較する方法があります。


これらは顔画像から目立つ特徴を抽出することで識別し
例えば、顔のパーツの相対位置や大きさ、
目、鼻、ほお骨、あごの形を利用

そのような特徴を使い、一致する特徴のある画像を検索します。

また、別のアルゴリズムでは多数の顔画像から標準化したデータを作り、
個々の顔画像はその標準データとの差分だけに圧縮し、必要なデータだけを残します。
認識対象画像は
標準化した顔データと比較されます

主に、セキュリティや個人の確認
対象の年齢判別等に使用されます

生体認証としての利用以外に、
近年のデジタルカメラやスマートフォンは

被写体の顔を認識し、焦点を合わせたり、露出を合わせたり出来るものがあります

さらに表情を認識して笑顔を確認したら自動的に撮影するといった機能も搭載されているものもあります。

デジタルカメラやスマートフォンで人を撮ったら

人が居ない所に
確認の印(四角形の枠など)が出る時がありますよね

バックに木などの誤認識が起こる物があったら
納得出来るんですが…

時々、何もない所に印が出ます

一体…なにを探知したんでしょう…

ちなみに画像素子(センサー)は
人間が見る事の出来ない光の波長も認識します


通常
見えない波長の部分はフィルターでカットするんですが…

認識出来るギリギリの波長はカットしません


センサーが反応するって事は

目に見えにくいものが
そこに居るんでしょうか?

((((;゜Д゜)))ガクガク

« 東尋坊〜 | トップページ | 立秋〜 »

オカルト」カテゴリの記事

無料ブログはココログ