« 折り鶴〜 | トップページ | おはぎ〜 »

2018年9月23日 (日)

ペット・セメタリ〜

ペット・セメタリ〜
ペット・セメタリ〜
こんっ(/▽\*)

ひぐらしの曲を聴いていた私です♪

配信で♪


今時、CD買いません


え…


ひぐらしのなく頃に

の曲です♪


いい曲ですよ♪


ひぐらし自体は
トンデモニャー
ストーリーですけど…

耐性のある人は観てね

一緒に…

トラウマをワズライマショ♪

でも、あの鉈


カッコいい鉈ですよね♪


私も鉈、持ってますが…

あんな形じゃないです


オッキイ
菜切り包丁みたいな

鉈です♪


レナさんの鉈

欲しいなぁ…

んでっ〜今夜はペット・セメタリーのお話♪

ホラー作品です


メチャメチャ怖かったですよ♪


ん!?

いや…お彼岸がね…

だから、お彼岸がね…

『ペット・セメタリー』『ペット・セマタリー』(原題: Pet Sematary)はスティーウ゛ン・キングが1983年に発表した長編小説です。

原題の「Pet Sematary」は「ペット霊園」の意味ですが、英語の正しい霊園のスペルはCemeteryです

これは、本作品に登場するペット霊園の入り口に、
幼い子供の書いた看板がかかっています

そこには「CEMETERY」を「SEMATARY」とスペルミスをしている描写があり

そのスペルミス表記を原題として採用したものです。


なお、
1989年にアメリカで映画化され

タイトルは

日本では『ペット・セメタリー』として公開されました。


ストーリーを…

アメリカ合衆国メイン州の田舎町に住む
医者のルイス・クリードは、

妻のレーチェルと幼い娘のアイリーン
生後間もない息子のゲージ
アイリーンの愛猫チャーチルと一緒に
幸せな生活を送っていました


庭には細道があり
その先には
町の子供達が造ったペット霊園があります

隣家にはジャド・クランドルとその妻という老夫婦が住んでいます。


そして、霊園の先には
不気味に
裏山がそびえ立っています

レーチェルが子供たちと共に実家に帰省していたある日、

猫のチャーチルが車に轢かれて死んでしまいます。


幼い娘にどうやって状況を説明するか悩むルイスは、

成り行きを知ったジャドに教えてもらった
裏山の呪われた土地に足を運びます

その土地は不思議な力があると…

埋葬したものが
戻ってくると…


彼は、猫の死体を裏山から
さらに奥に分け入った丘に埋めるのです。


すると次の日、死んだはずの猫、チャーチルが家に帰って来ました。

しかし、帰ってきたチャーチルは腐臭を放ちヒョコヒョコ不器用に歩く、

全く別な“何か”に変わってしまいました


釈然としないまま過ごしていたある日、

今度は最愛の息子ゲージがチャーチルと同じように車に轢かれ
轢死してしまいます。


悲嘆にくれるルイスに、ジャドはチャーチルを埋めた場所にまつわる忌まわしい事実を語ります

そして、
「もう、あの場所に二度と近づくな」と釘を刺しますが

亡くなった息子への愛が、ルイスを狂気に駆り立てます

決して超えてはいけない一線を超えさせてしまうのです。


そして、彼は
過ちを繰り返しました


そして、ある夜


あの子が戻って来るのです…


原作者S・キング自身、気味が悪すぎるという理由で、完成から長い間出版しなかった
と言う
いわく付きの作品です


観てみますか?


うん。

お彼岸がね…

« 折り鶴〜 | トップページ | おはぎ〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ