« エンタープライズ( 空母)〜 | トップページ | エボルタ〜 »

2018年9月27日 (木)

ザ、ブロブ〜

ザ、ブロブ〜
ばんわ(/▽\*)

昨日は
富士山初冠雪だって♪

4日早いんだって♪


まっ、3000m級の山だからね

雪、降るよ

……。


3000mって、グランド走るとスグなのに

上方向に進むと
大変なんだね

んでっ〜今夜はザ、ブロブのお話♪

SF映画です♪


B級です♪


ザ、ブロブ(The Blob)は、1958年のアメリカ合衆国のSF映画です。
『マックイーンの絶対の危機』(マックイーンのぜったいのピンチ)と言うタイトルもつけられています

スティーブ・マックイーンの初主演作品


日本でのテレビ放送時のタイトルは
『SF人喰いアメーバの恐怖』、ビデオ発売時のタイトルは『スティーブ・マックィーンの人喰いアメーバの恐怖』でした。

1972年に『悪魔のエイリアン』という続編(ホラーコメディ映画)、
また1988年に『ブロブ/宇宙からの不明物体』としてリメイクされています。

アメーバの様な単細胞生物が
怪物として現れたのは
これが最初の作品と思われます


ストーリーですが…


あるアメリカの
田舎町に
隕石が落ちて来ました

その隕石には粘菌状の宇宙生物が付着していたのです

農場の老人が生物を森で見つけ、触ると
その生物は腕に張り付き
腕を食べ始めてしまいます…

そこへ、ガールフレンドのジェーンを連れて町に来た
スティーブ(マックイーン)

苦しむ老人見かけ
医者の所まで連れて行きますが、
医者のハレン先生と看護師も犠牲になります。

その宇宙から来た生物Blobは
あたりの生物を捕食して大きくなっていく…

この事態を、ジェーンと共に
警察に話しても
警察には信じてもらえません。

ブロブは食べものを求め町へ。


スティーブとジェーンは互いに家を抜け出して追いかけます

スティーブはジェーンの弟を助けてレストランに逃げ込みますが

ブロブはレストランを包みこみ
絶体絶命に…

スティーブ達は奥に逃げて精肉貯蔵庫に閉じ籠ります

入ったはいいんですが…
ここから先は逃げ場がない。


そして、ドアの下の隙間から入り込んでくるブロブ。

スティーブはブロブに気がつき
警戒しますが
ブロブは何故か冷蔵貯蔵庫の中に入って来ません。

ブロブにも弱点がありました

ブロブは冷気に弱かったんです


冷気に怯えたブロブが逃げ出したため
スティーブ達は脱出に成功


スティーブ達を諦めたブロブは、映画館に…

映写室にブロブが入り込んでいきます

換気口のすき間から入り込んで
獲物を狙っています


そして、フィルム交換をしていた映写技師が食べられてしまいます

上質な食べものを食べ
みるみる大きくなっていくブロブ…


映写が途切れ、

映写室から観客席に大量のブロブが入り込んできます。

大騒ぎの観客達。

ここに来て、やっと事態の深刻さを理解した警察

しかし、銃はブロブには効きません

スティーブ達は町に出てきたブロブに追われ
地下室に逃げ込みますが

そこは火事になってしまい
しかもブロブに襲われてしまいます

スティーブ達は消火のためドライアイス消火器を使用

その時、ブロブに異変が…

消火器を恐れたのです


スティーブは
この事や、精肉用冷蔵貯蔵庫の中の出来事から

ブロブは冷たさに弱いのではないかと
訴えます

そして、
各所からかき集めた
冷却効果のあるドライアイス消火剤を吹きかけ、ブロブは凍りつき機能停止


そのまま空軍がブロブを北極に運んで投下。

事態は決着が付いたように思えましたが…


この物語は
続編を作る事が出来るように

わざと曖昧な決着にしてあります♪

えっとね

ホラー要素が強いのは

1988年の『ブロブ/宇宙からの不明物体』
です〜


食べたものが溶けるシーンや

巨大なブロブに

「ペタッ」って
叩き潰されるシーンがあり

とてもシュールですよ♪


観てみますか♪

« エンタープライズ( 空母)〜 | トップページ | エボルタ〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ