« チャリオット〜 | トップページ | ホッキョクグマ〜 »

2019年2月12日 (火)

オウムガイ〜

オウムガイ〜
オウムガイ〜
こん!(/▽\*)

なんか、日本だけじゃなくて
アメリカも寒いんだって♪

SNSに投稿画像が
たくさん、あります


よく、お湯を空中に投げて
雲を作ったり

パスタを持ち上げて凍らせ
まるで食品サンプル状態になったの

良く見ます♪

あ、北海道では
タオル濡らして
野外で振り回すと
凍って棒状になるんだって♪

スゴいよね…


元々、暖冬って言われてたんですよ〜

誰のせい?


気象予報ってスパコンで計算するんですよね…


外れたってのは
データ不足なのかな?


温暖化であれ、寒冷化であれ

過去に似たデータが無いから
予測が外れた…

って事で
良いのかな?

恐いですね…
( ´・ω・)

んでっ〜今夜はオウムガイのお話♪


何だろう〜


タコ?

オウムガイ(鸚鵡貝:英:nautilus:学:Nautilus pompilius)は

軟体動物門頭足綱オウムガイ目オウムガイ科の軟体動物です。

イカやタコの仲間にあたり
古生代に栄えたが、現在は1属4種のみ生息しており〈生きている化石〉と言われています。

外見ですが…

殻は長径20cm、幅9cm

一見、巻貝に見える殻を持ち、平巻き。

殻表はつやがなく白色で滑らか
多くの赤褐色の放射状縞模様があります。

殻口に巻き込んでいる部分は黒色の膜に覆われ、これを側面から見ると
オウムの頭部を連想させるところからこの名を付けられています。


内巻の殻は多数の隔壁で区切られて気室を形成し、
動物体(身体)は多室に分かれた螺旋状の殻の
最終部分の広い室(住房)に存在しています。

目は2対
漏斗(ろうと)と口が1つ

鰓(えら)は2対


足は多く
イカやタコの様な吸盤はありません。


殻の出口には
三角形をした堅い筋肉からなる頭巾(ずきん)があり
閉じて身を守る事が出来ます

インド洋〜太平洋の熱帯の水深100〜400m付近の海底近くに住んでおり

食性は肉食
カニ、ウニ等を食します。

気室にはガスが入っており
死後は殻が海上を漂流

日本沿岸にも流れつく事があります。


殻は真珠光沢があり装飾に利用できます
みがいてペンダント等にも加工されています。


英語で

ノーチラス


って言うんです


聞いた事ありますか♪


有名な潜水艦の名前です♪

オウムガイから
とられたんですね♪

« チャリオット〜 | トップページ | ホッキョクグマ〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ