« ローマン・コンクリート〜 | トップページ | チャリオット〜 »

2019年2月10日 (日)

ひよこ〜

ひよこ〜
ひよこ〜
ひよこ〜
こん〜(/▽\*)

2019年2月9日(土)は
<北海道>−30℃以下だったんですよ〜(’-’*)♪


北海道は記録的な強烈な寒気の影響で
陸別町など4か所で最低気温がマイナス30度を下回りました。
北海道東部の陸別でマイナス31.8度
弟子屈町・川湯でマイナス30.9度

などなど


この寒波は
北海道のみならず本州まで伸びており

しかも放射冷却の影響もあり
各地で厳しい冷え込みとなりました。

なお、寒波は居座るため
当分、寒いですよっ!


そりゃ〜
猫もコタツで丸くなりますわ♪


ちなみに、雪に慣れていないと
例え1cmの積雪でも転びますよ〜

みんな
気を付けてね〜
(/▽\*)


んでっ!!今夜はひよこ饅頭のお話♪


かわいい……


食べるのが…ツライんです…

私だけじゃ

ないはず…


ひよ子饅頭・ひよ子・ひよこは、

1912年、福岡県飯塚市の吉野堂で生まれた、

見上げているような

「ひよこ」

の形をした菓子、
また現在同商品を製造する株式会社ひよ子の事です。


外見ですが…

ヒヨコです

大きさは縦が約5cm
上から見た時の、楕円形の最大直径は約7cm

手のひらサイズのまんじゅうです。


見上げているような「ひよこ」の形をしており、顔にはクチバシがあり
焼きごて(現在はレーザー光線)で書き込んだ
目が付いています
羽と足は表現されておらず
表面は滑らかな曲線になっています

小麦粉と卵等から作られた皮は比較的薄めで、中に大手亡と呼ばれる白インゲン豆を使った黄味餡が入っています。


上述の様に
「ひよこ」は大正元年1912年に生まれており
100年を越えるロングセラー商品となっています

誕生の地は福岡県飯塚市で、昔から菓子作りが盛んな地域。


福岡県産の「ひよこ」ですが…あまり有名ではなく


1964年に開催された東京オリンピックを機に
東京駅八重洲地下街に東京1号店が出店したおり

その姿の愛らしさから
東京で親しまれるようになり

全国的に有名になりました

しかし、有名になった切っ掛けが東京支店だった為

「ひよこ」は東京の銘菓と思われるようになります


本来、福岡の銘菓なのですが

今や、本社の公式サイトにも「東京土産としても愛されるようになりました」と記載されています。


福岡の「株式会社 ひよ子」では
「福岡と東京、どちらのみやげ物とも言える」
といった立場をとっています

ひよこ


ね〜


食べるとき
精神に来ますよね

だいたい、形が可愛すぎますよ!!


あなたは

頭から?

それとも

シッポから?

« ローマン・コンクリート〜 | トップページ | チャリオット〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ