« パウリ効果〜 | トップページ | カキ〜 »

2019年2月15日 (金)

WOW!シグナル〜

WOW!シグナル〜
こん〜(/▽\*)

有機ELテレビを電気屋でアサッテル私です♪


ホントはプラズマテレビの方が好きなんですけどね


生産中止になったからね♪


ちなみに
有機EL

今や、スマートフォンで
大活躍ですよ♪

でも、有機ELテレビは
今買わない方がイーんです♪


欠点だらけなんですね


高額商品なのに
これだけ欠点があると…

ダメじゃん♪


え…

欠点ですか?


寿命が短い

画面が暗い

画面サイズ55インチ以下が無い

日本製が無い


まだあるけど〜

このくらいでイーよね?


はい♪


んでっ!今夜はWOW!シグナルのお話♪


私は、単なるノイズだと
思うんですけど…

出力が大きいので
恒星や銀河、もしかしてクエーサー由来かも知れないね〜


Wow! シグナル(ワウ!シグナル又はワオ!シグナル:英:Wow! signal)は、
1977年8月15日、SETIプロジェクトの観測を行っていた
オハイオ州立大学のジェリー・R・エーマンが、

ビッグイヤー電波望遠鏡で受信した電波信号です。


この電波信号は
狭い周波数帯に集中した強い信号で受信されました

特徴として
地球で発信する事が国際的に禁じられている
水素線の周波数で受信


太陽系外の地球外生命によって送信された可能性が指摘されています。


望遠鏡は信号を72秒間に渡り観測することに成功しましたが、
以降の探査では同様の現象は見つけられませんでした
起源は謎のままです

受信された電波は
恒星間通信での使用が予想される信号の特徴を表しており

これに驚いたエーマンは、プリントアウトした表の該当部分を丸で囲み、

"Wow!"

と書き足してしまいました。

そのため

"Wow! signal"

と呼ばれるように…

なお、映画『コンタクト』の元ネタとしても知られています

信号の説明を…

エーマンが印を付けた
"6EQUJ5"
という文字列は、
信号の強度を意味しています。

強度が1に満たない場合は空白
1から9の数字は、
それぞれ10までの強度に対応しています。

1つの数字が10を上回る場合、ラテン文字を使用して記録されます。

前述の文字列に含まれる "U" は、30以上31未満の信号の強度を表しており、

これは観測された電波信号として最も強いものです。

また、
表において
一つ一つの列は異なった周波数帯を反映しており、

列が一つ変わるごとに周波数は10kHzずれます

信号は複数の列にまたがっていない事から、

Wow! シグナルは

10kHzに満たない狭い周波数帯を持つ信号と分かります。


信号の周波数の詳細な値には2つの値が示されており、
J・D・クラウスは1420.356MHz、エーマンは1420.456MHzを与えています。


いずれの周波数も、恒星間通信で使用が予想されていた水素線(21cm線)の周波数
1420.406MHz
に非常に近いものです。

地球では
惑星間通信に電波を使っています


惑星探査機に信号を送るとき等


でも、片道
数分間かかるんですよ

地球から太陽まで

8分19秒

もっと遠いと
片道数十分から数時間

惑星間でさえ
これです


恒星間の通信に
電波?

使うかなぁ…

« パウリ効果〜 | トップページ | カキ〜 »

オカルト」カテゴリの記事

無料ブログはココログ