« ねこ | トップページ | モリブデン〜 »

2019年4月 3日 (水)

モリブデン〜

こんー(/▽\*) 金沢では桜咲いてるのに雪積もってるんだね〜 絵になるよね〜 絶景だね〜 ……… 雪国の方ごめんなさい! (((´;ω;`))) つい… そもそも、雪と格闘してるんですもんね… んでっ今夜はモリブデンのお話♪ カッタイよーっ! 合金にして 包丁やナイフ等にも使われます 金属の中では 5番目に熱に強い♪ モリブデン(molybdenum)は 元素記号 Mo 、原子番号 42、原子量95.94、沸点4682℃。周期表6族に属する元素の1つです。金属元素。 輝水鉛鉱 (モリブデナイト)、他にモリブデン鉛鉱として広く産出します。 地殻の中にも、広く薄く存在しており 地殻の平均存在量1.5ppm、海水中の存在量 0.01 mg/l 生体必須元素でもあり、動植物中にも微量ではあるが常に含まれています。 単体金属は銀白色の結晶で 融点 2622±10℃ 比重 10.28 空気中で安定。希酸には不溶、強酸にも冒されにくい 熱濃硫酸、王水に溶けます タングステンと同じく 高硬度、高融点金属として知られています。 しかも強度が大きいので用途が広く、 電子管の陽極等の電極素材 電気回路のコンタクト また、耐熱材、耐熱部品、、特殊合金、電熱線、 硬度を生かして コーティング等にも使用されています。 1778年スウェーデンの化学者 K.シェーレによって発見された。 体内におけるモリブデンは 微量ミネラルとして存在し 主に肝臓や腎臓で 酵素の働きを助ける超微量元素です。 豆製品、乳製品、肉類、野菜類、穀物、果実などに多く含まれる。 老廃物である尿酸の代謝、糖質や脂質の代謝に関与しており、鉄の利用率を高める働きをもつほか、銅の排泄を増大、エネルギー代謝の促進、高尿酸血症の予防、鉄欠乏性貧血の予防などの作用があります モリブデンは よく見ることの出来る金属です 「合金」としてですが… (/▽\*) まあ、ステンレス合金の メッチャいいヤツに 混じってるって考えておけば イーかな♪ 硬いので 包丁等にも使われてますが 本来は 耐久力が必要な物に使用する金属なんですよ♪

« ねこ | トップページ | モリブデン〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

無料ブログはココログ