« アールグレイ〜 | トップページ | 樫〜 »

2019年5月22日 (水)

東京スカイツリ〜

Image0059_1


こんちゃっ!
(/▽\*)


暑いね〜


暑さに慣れてない
今が一番キツイ


あ、


東京スカイツリーですよ♪


2019年5月22日(水)に開業7周年を迎えるんだって

7年も立ったのか…


お疲れ様です


ん〜(’-’*)♪

金属も
疲れるんだよ〜


金属疲労ってね〜
あってね〜


……(;¬_¬)


ごめんなさいっ!


ハズシマシタ…


んでっ〜今日は東京スカイツリーのお話♪


高いよ〜


確か、日本一の塔です


東京スカイツリー(とうきょうスカイツリー:英:TOKYO SKYTREE)は、東京都墨田区押上一丁目にある電波塔(送信所)です。

観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、ツリーを含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれています。

2012年5月に電波塔・観光施設として開業しました。

東京スカイツリーの名称・ロゴマーク・シルエットデザイン・完成予想コンピュータグラフィックス等の知的財産は
東武タワースカイツリー株式会社等の著作権および商標権になっています

このため公式案内では「東京スカイツリー・」と・マークが記載されています。

既存の電波塔である
「東京タワー」
が位置する都心部では、
周りに超高層建築物が林立して影となる部分に電波が届きにくくなっており、

ワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにする目的もあって、

2000年頃から首都圏に新タワー建築についての計画が検討され始めました。

検討を重ね
決定の過程で紆余曲折があったものの

600mクラスの電波塔

東京スカイツリーは建築されました


東京スカイツリーは、多目的に使用出来るよう設計されています

電波塔としての東京スカイツリーでは、

○地上デジタルテレビジョン放送送信設備
○FMラジオ放送送信設備
○マルチメディア放送送信設備
○タクシー無線集中基地局

等が設置されています

観測施設としての東京スカイツリーでは

○落雷
○雲観測
○温室効果ガス観測

等の装置を設置


観光・商業施設としての東京スカイツリーでは

○下層フロア
○1F東京スカイツリー団体フロア
○4F東京スカイツリー入口フロア
○5F東京スカイツリー出口フロア
○展望台
○東京スカイツリー天望デッキ(第1展望台)
○東京スカイツリー天望回廊(第2展望台)
○スカイツリーテラスツアー
○天望シャトル(エレベーター)

が設置されています


仕様ですが…

東京スカイツリー(TOKYO SKYTREE)

用途…電波塔・展望台

構造設計者…日建設計
施工…大林組
建築主…東武タワースカイツリー

構造形式…鉄骨造
敷地面積…36844.39 m※施設全体
建築面積…31832.60 m(建蔽率86%)※施設全体
延床面積…229410.30 m(容積率623%)※施設全体

階数…地上160階(第2展望台)

高さ…634m

着工…2008年7月14日
竣工…2012年2月29日

所在地…〒131−0045
東京都墨田区押上一丁目1番1号

東京スカイツリーですよ〜


やはり、東京タワーと比べると…

インパクトに欠けるって

ゆーか〜

個人的見解です〜
(’-’*)♪

特徴が無いように思われがちですが…


時々、おっきな
氷の塊を落としてくるっていう


恐ろしい能力を持っている
東京スカイツリーです
(o・ω・o)

ん〜


ま、いーや♪


これからも
頑張ってね〜


金属疲労に負けないでね〜
(’-’*)♪

« アールグレイ〜 | トップページ | 樫〜 »

無料ブログはココログ