« スケルトン〜 | トップページ | くまで〜 »

2020年7月 7日 (火)

ベガ〜

Image0019_20200707023201

こん〜(/▽\*)

七夕ですよッ!!


あいにくの
雨ですけど…


なんか、最近
七夕の日って
雨降り多くない!?

曇りも多いかも…

ってか
雨の量多すぎます


梅雨だからかな〜

仕方無いけど

んで!今夜はベガのお話♪

七夕だからね〜

一応、触れておこうと〜


あれ、前に書いたっけ…

忘れましたです
ヽ(*´▽)ノ♪

ベガ・ヴェガ(英:Vega)は、
こと座α星の事です

ベガは、こと座で最も明るい恒星であり
全天21の1等星の1つ。


七夕のおりひめ星(織女星(しょくじょせい))として知られています。


わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブとともに、夏の大三角を形成している。

ベガは変光星です
0.19日の周期で僅かに変光する
たて座δ型変光星。

変光範囲は0.01等〜0.04等と小さい為、眼視観測では変光はわからない。
平均の実視等級は0.03等です
周期0.19日で0.09等以下の幅の変光を示している。


2003年に、惑星系が形成されつつあることが判明しました

塵の雲が半径140天文単位もの円盤状に広がって取り囲んでいます


この惑星系は太陽系に近似のものである可能性がある。


2006年には、ベガの自転周期が12.5時間という高速で自転いることがわかり
その速さは、遠心力でベガが自壊する速度の94%に達していることが判明。

この為に、極付近と赤道付近では大きな温度差が生じています。


地球からの距離は、25光年
スペクトル型はA0型の主系列星です。

表面温度は高く
約9500Kで、青白い光を放っている。

質量、半径とも太陽の約3倍

ベガは移動しており、毎秒14kmで地球に近づきつつある。

なお、
地球の歳差運動により、
およそ12000年後に、地球から見て北半球の天頂に位置します

その結果、
将来には北極星となる。


固有名のベガ(Vega)は、アラビア語で「急降下するワシ」を意味しています


ベガは、アラビア語源の固有名ですが、ラテン語起源の固有名もあり、リュラ (Lyra) と呼ばれていました
これは、19世紀まで使われていた。


英語圏では「the HarpStar(琴星)」ともいわれます。

また、白く明るく輝くことから、「空のアーク灯」(the Arc-light of the Sky) というニックネームもある。


和名では、おりひめ(織姫)と呼ばれ、
ひこぼし(わし座のアルタイル)、
すばる(おうし座のプレアデス星団)とともに、
現在も使われる数少ない星の和名の一つになっています。

日本では織女(星)ともいうが、これは元は中国名。

中国では星官の名前で、この星は「織女第一星」(織女一)です。


ベガですよ

一等星だけどね

あまり見えたこと無いんですよ


よく目を凝らせば見えるかな♪


秋や冬と違って空気が悪いからね


湿度がね…

多いとね…


ちょっとね…

« スケルトン〜 | トップページ | くまで〜 »

無料ブログはココログ