« ダメージコントロール〜 | トップページ | ブーゲンビリア〜 »

2020年8月 8日 (土)

カシ〜

Image0008_20200808103201

おはー(/▽\*)

暑いです〜

8月8日は
そろばんの日
なんだって…


1968年、全国珠算教育連盟が制定しました。

そろばんの「パチパチ」という音を「8」「8」で

もじったんだね


なんて単純な…


あ、そう言えば…
端末ーッ!!


そろそろ買い替えが必要かも〜
(’-’*)♪

結構、無理して使ってるんですよ

内蔵メモリが少ないんです

もう…iPhone-SE2に買い替えようかな…


んで〜今朝はカシ(樫)のお話♪


木です!

カシ(樫:英:oak)は、
ブナ目ブナ科の常緑高木の一群の総称です

狭義にはコナラ属(Quercus)中の常緑性の種をカシと呼びますが、

同じブナ科で
マテバシイ属シリブカガシもカシと呼ばれ、
シイ属(Castanopsis)も別名でクリガシ属と呼ばれています

なお、アカガシ亜属 (subgen.Cyclobalanopsis)、
クスノキ科の一部も
葉の様子等が似ていることからカシと呼ばれるものがある。

外見ですが…

常緑性で、葉には表面につやがあり、鋸歯を持つものが多い。

アカガシ亜属は日本など温帯南部の湿潤地域に約150種が分布します

日本では、関東地方以南に多いが、一部の種は、分布の北限が太平洋側で宮城県、日本海側で新潟県に達します

コナラ亜属の常緑性のカシは、温暖だがやや乾燥した地域に多く、
東南アジア以外にも南ヨーロッパ、アメリカ大陸にも分布します。


晩春〜初夏に花を咲かせます


ブナ科マテバシイ属のシリブカガシ(英:Japanese oak)は秋に小花を密生した穂をつけます
なお、本種は狭義のカシ類とは違いますがカシと呼ばれています


他にも、マテバシイ属は堅果(ドングリ)の果皮が非常に硬いことから英語でストーンオーク (Stone oak) と呼ばれ
海外産のマテバシイ属もカシと言う和名が付けられているものが多い。


カシ類の花は、コナラ属の落葉高木群であるナラ類と共に風媒花で
雌花と雄花があります

いずれも花びらが無く、花粉を雄しべの葯から落として風に乗せ受粉させます


同じブナ科で常緑高木になるシイ類やマテバシイ類の花は虫媒花で、全体が明るい黄色で強い香りを発して甲虫や花蜂類のような昆虫を誘引、
雄花穂も昆虫が止まりやすいようにしっかりと上を向いているといった点で大きな相違がある。

カシ類の果実は、落葉性のナラ類と共にドングリ(団栗)と呼ばれます。

ドングリは開花した年に熟するもの、2年目に熟するものとがある。


他に、コナラ亜属ウバメガシは低木ないし小高木
アカガシ亜属は、いずれも大木になります。

カシの特徴ですが…

カシの中でも、アカガシ・シラカシなどの材質は非常に堅く、重い

防音性に優れ

木工器具の材料などとして重要です


カシ類は照葉樹林の重要な構成種で
様々な常緑広葉樹林において、何れかのカシが姿を見せています

西日本の平野部ではアラカシが多く
海岸線ではウバメガシ、
ブナ林帯近くではアカガシ、
その間の地域ではウラジロガシなどがよく見られます。


ちなみに、いわゆる里山と呼ばれる森林形態は
照葉樹林のシイ・カシ林を繰り返して伐採し、
その後に、ナラ類のコナラやクヌギを中心とする落葉樹、これとアカマツの混交林になった森林を言います

カシ類の中で常緑性の種類があり
英語で常緑性のカシのみを指す場合はライブオーク (live oak) と呼びます。

ヨーロッパでは、常緑性のカシ類は南ヨーロッパに限られており、
イギリスをはじめとする中欧・北欧に分布していますが

これらは、植物学上ではナラ(楢)と分類されており
文学作品など、カシとして翻訳されている例が多くありますが、誤訳です

日本に自生しているブナ科植物のうちカシと呼ばれているもは主に以下の種があります。

○コナラ亜科 (Quercoideae)
○コナラ属 (Quercus)
○コナラ亜属 (subgen. Quercus) のうち常緑樹
○ウバメガシ (Q. phillyraeoides)

○アカガシ亜属 (subgen.Cyclobalanopsis)アカガシ属 (gen.)
○アカガシ (Q. acuta)
○イチイガシ (Q. gilva)
○アラカシ (Q. glauca)
○ハナガガシ (Q. hondae)
○オキナワウラジロガシ (Q. miyagii)
○シラカシ (Q. myrsinaefolia)
○ツクバネガシ (Q. sessilifolia)
○ウラジロガシ (Q. salicina)

○クリ亜科 (Castaneoideae)マテバシイ属 (Lithocarpus)シリブカガシ (Lithocarpus glaber)


なお、アオガシとイヌガシはクスノキ科です。

カシは
民家の垣根に植樹される主要な樹木の一つ。
防音の機能を有する樹種(防音樹)として知られています


常緑樹であるために防風林としての機能がある

また、カシの生葉・生木は他の樹木と比較した場合に燃え難いので、延焼防止に役立ちます

カシです
ヽ( ̄▽ ̄)ノ

実は…持ってます♪


自宅で、剣道の素振り稽古します


いや、竹刀は手入れが大変なんですよ…


カシは、非常に堅くて
粘りがあり強度も高く耐久性に優れています

いつでも使えるよ〜
(’-’*)♪

« ダメージコントロール〜 | トップページ | ブーゲンビリア〜 »

無料ブログはココログ