« ヒモムシ〜 | トップページ | 夜景〜 »

2020年8月12日 (水)

ホウズキ〜

Image0017_20200812115701

こんちゃ〜
(/▽\*)

暑いです〜


そろそろ
お盆休み取ってる人多いかな?


今年は寂しい帰省になりますね

いや、ヘタすると
来年も再来年も
いや、これからずっ〜と
こんな調子でしょ♪


だいたい、新型コロナって
どう考えても生物兵器が漏れたんだよね

性質が、完全に兵器のそれですよ

世界の主導者は
恐くて何も言わないけどね


あー
お盆休みだから
不思議な体験をね…書きます

バイクで山に登った事があるんですよ

900m位の山♪

場所はナイショ♪

途中まで舗装された一車線の道です


秋なので紅葉が綺麗でした


でも、上に上がると樹が見当たらなくなるんですよ

寒いからかな?


山頂で、3本持って来てた缶コーヒー飲みながら
景色を堪能ですよ

(私は、遠出するとき
必ず小さい刃物(アハハ…アレですよアレ)と雨具と缶コーヒー(鉄製で壊れにくい)と飴
持っていきます♪)


で、山頂にナゼか
アオスジアゲハってチョウチョがたくさん飛んでました


???


今の季節に
この寒さで
よく生きてるなぁ…

感心してたら寒くなったので下山です…


Uターンですね


道を降りてると

分かれ道が…


あれ?登るとき気が付かなかったなぁ…


どっちだっけ…

ガードレールのある道を選んで降りたんですよ

これがマズカッタ…


何処まで行ってもクネクネ道です

しかも、登ってる…


でも、何故か引き返そうって
考え付かなかったです


実は、しょっちゅう似たような目にあってて

ガードレールに沿って走ると抜けられたんですよね


なので、今回も進み続けました


そしたら道にバレーボール大の石が2個落ちててね…

「ええー落石か?」


徐行しながら走ってると
ガードレールに
お花がね
供えてあったんですよ

瓶に、小さい花束がね…

しかも…生花


ここで
気が付きました…

あ…

呼ばれてる…

でね、急いでUターン!


何とか、再び頂上へ


「まず落ち着こう…落ち着こう…」

しかし、こういう場合
どーにもならないんですよね…普通は…


座り込んで
相変わらず飛んでるチョウチョ見てたら

思い出しました♪

「あ、大抵の山には神様が祀ってあったっけ?」

だが、しかし

祠ない…


見たら
チョウチョの飛んでる真下に石があったので

ソコに缶コーヒー置いて

手を合わせて
お辞儀


そして帰路につきました

何とか麓まで降りる事が出来たんですけど

途中の分かれ道がないんですよ


一本道…

メチャクチャ怖かったですよ〜
(;;)

はい…

んで〜今日はホウズキのお話♪


大好きです♪


変わった形してますよね〜

ホウズキ(酸漿・鬼灯:英:Japanese lantern plant:学名:Physalis alkekengi L. var.franchetii Makino)は
ナス科の多年草です。


外見ですが…

根茎は長く地中に伸びて繁殖します。

草丈は、高さ60〜80cm。

葉は節ごとに2枚ずつついて互生しており、卵形で粗い鋸歯(きょし)が付き、葉柄があります。

6〜7月、葉腋(ようえき)に白色で径約2センチメートルの5弁花を1個ずつ開化させます。
花期後、萼片(がくへん)は大きくなって果実を包み、熟すと鮮明な朱赤色になる。


特徴ですが…
萼片が大きくなって果実を包んでいる事

これは、熟すと鮮明な朱赤色に変色します。

中には橙色のトマトの様な果実が出来る


この萼に包まれた果実を観賞するほか、

果実をもみ柔らかくし
爪楊枝などで小穴を開け種子を出し、口に入れて音をたてて遊ぶ事が出来ます

空にした果実に空気を入れ
口の中で軽く噛むと
「キュッ」と音をたてる

普通栽培される品種は大実のタンバホオズキです
鉢や花壇に植えられる。

その他に、草丈の低いサンズンホオズキ、包葉が披針(ひしん)形で穂状に垂れ下がるヨウラクホオズキなどがあります。


漢方薬としても用いられ
根を酸漿根(さんしょうこん)と称し、茎葉とともに咳どめ、利尿、解熱などに利用されてる。


ホオズキ属は100種以上あります。
センナリホオズキは熱帯アメリカ原産の一年草。
果実は小さく、緑色で多数の実がつく。


ヨーロッパ原産のヨウシュホオズキや北アメリカ原産のショクヨウホオズキなどは食用になります


栽培は、春に伸び出した新芽を地下茎ごと掘り上げ、鉢植えや地植えにし、日当りのよい場所で育てます。

日本には古くに渡来しました
『古事記』にはアカカガチの名で載っており、八岐大蛇(やまたのおろち)の目に例えられています。

平安時代には「ホホツキ」と呼ばれ、
『本草和名(ほんぞうわみょう)』や『和名抄(わみょうしょう)』に記載されています


ホウズキです
ヽ( ̄▽ ̄)ノ


これも、活け花によく使われます

花屋さんで
鉢植えや、実を数個ほどつけて乾燥させたものが
売られています


実は、あまり美味しくない♪


ってか…少し食べてみた…
('')

でも、本来、食べちゃダメなんですよ〜

アルカノイドって言う
毒があるからね!


大抵の植物には
アルカノイドが含まれています

« ヒモムシ〜 | トップページ | 夜景〜 »

無料ブログはココログ