« ブーゲンビリア〜 | トップページ | ヒモムシ〜 »

2020年8月10日 (月)

炭酸水〜

Image0019_20200810081401


おは(/▽\*)

暑いです〜


台風来てる?


5号だっけ?

台風が近付くと暑くなるよね…


う〜ん…

台風は気温が高い太平洋高気圧の境目を通るからね


ちなみに、台風は半時計回りに

高気圧は時計回りに
風が吹いてるよ〜

台風には
気を付けてね〜
(’-’*)♪


んで〜今朝は炭酸水のお話♪

ソーダ水だね

地下水からも出るよ♪


炭酸温泉もあるよ♪

炭酸水(たんさんすい:英:Carbonated water、bubbly water)とは、炭酸ガスを含む水のことを言います。

ソーダ水・ソーダとも言われる。


ソフトドリンクの多くでは、
飲み物に清涼感を与える目的で炭酸ガスを原料の一つに使用します
これは炭酸飲料とも呼ばれる。

日本農林規格では、
ガス内圧が0.29MPa以上の飲料が該当。

自然界でも炭酸水は湧き水や温泉などの形で産出し、温泉は一定要件を満たすと二酸化炭素泉と呼ばれます。


これらのうち、飲用可能なものはミネラルウォーター等の形で販売されています

現代においては、水と炭酸ガスに圧力をかけ人工的に大量生産されている。

なお、ヨーロッパのレストランでは
水を注文する際、「炭酸水」か「無炭酸の水」を選んで注文する形式が一般的です。


なお、日本では
炭酸水に調味料や香料を加えた炭酸飲料が一般的で
単なる炭酸水は、主に飲食業におけるカクテルベースとして扱われ、一般消費者への普及は遅れました

作り方ですが…
水と炭酸ガスに圧力を加え炭酸(化学式:H2CO3)を製造します

このプロセスは炭酸飽和と呼ぶ。

炭酸は、圧力の影響がなくなると徐々に水と炭酸ガスに分離し
炭酸ガスは気泡の形で水中から放出されて行きます。


炭酸水は家庭でも製造可能であり、炭酸水の製造機器をソーダサイフォンという。

市販のソーダ水は純粋な炭酸水の場合もありますが


炭酸水に
塩、クエン酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、炭酸水素カリウム、クエン酸カリウム(英語版)、硫酸カリウム、ジナトリウムリン酸塩などを少量加える場合もあり、
これらはメーカーによって異なる。

本来の炭酸水は無味無臭の為

これらの添加物は、過去に、重曹と食用酸を用いて家庭で作られていたソーダ水の味に似せて
若干の塩味を再現する為
加えられています。

溶解している炭酸ガス量をあらわす単位として「ガスボリューム」があり、
20℃で1気圧の条件下の場合
水の量に対し溶解している炭酸ガス量が同量のとき、
1 ガスボリュームと定義されています

2010年代後半には、ガス内圧の高い製品が「強炭酸水」との名称で販売されている。

歴史上、初期の炭酸水は、
レモネードに重曹(炭酸水素ナトリウム)を加えた物だとされています。

この飲料は
重曹とレモン果汁に含まれるクエン酸の化学反応によって炭酸ガスが発生し、炭酸水になります。


この方法は、炭酸ガスを水に溶解させる高圧装置を必要とせず
重曹を利用し、材料を水を共に瓶に封入密閉することで容易に炭酸水を製造可能で一般に普及しました

この方法では化学反応でナトリウム塩が発生する為
この風味を打ち消す必要があり、
レモネードのように果汁や甘味料、香料などで味付けされ、多様な炭酸飲料へと発展します
この名残で、元来ナトリウム化合物を指す「ソーダ」が炭酸飲料の代名詞にもなっています。


最初の人工的な炭酸水は
1769年、イングランド人のジョゼフ・プリーストリーが
イングランドのリーズにある醸造所で、
ビールの大桶の上に水の入ったボウルを吊るしておくと

水に、
発酵時に発生した二酸化炭素が溶け込む事を発見、
炭酸水を発明しました


炭酸水ですよ♪

炭酸飲料多いよね♪

一番売れてるのはコーラ?


そう言えば
ペプシコーラとコカ・コーラ…

どっちが売れてるのかな?


どっちも美味しいよね

ってか〜

2つの味の違いが…ワカリマセン…


私だけ?

« ブーゲンビリア〜 | トップページ | ヒモムシ〜 »

無料ブログはココログ