« 炭酸水〜 | トップページ | ホウズキ〜 »

2020年8月11日 (火)

ヒモムシ〜

Image0008_20200811115001

こんちゃ〜
(/▽\*)

暑いです〜


スイカが食べたい〜
(’-’*)♪


スーパーでは
細長いスイカ

つまり、楕円形のスイカ売ってる事ありますね

あれ、美味しいのかな…

小玉のスイカも売ってる…

これも…美味しいのかな?


いや、買ったこと無いんですよ…


形が違うって事は
品種が違うんだよね〜

品種が違うと味も違うんだよね〜


とは書いたものの…

ヤッパリ

まぁるいスイカを買ってしまう
保守的な私です


冒険はしたくないです〜
ヽ( ̄▽ ̄)ノ

んで〜今日はヒモムシのお話♪


恐いよ〜


ってか

キモいよ〜
ヽ( ̄▽ ̄)ノ


ヒモムシ(紐虫:英:ribbon wormヒモムシ:学名:Nemertea Schultze)は、
紐形動物門(Nemertea) に属する動物の総称です。


大部分は海洋性ですが陸上性の物も存在する

外見ですが…
体長は長く、滑らかで
平たい紐状の動物


見かけの上では、その他に目立った特徴はない。


動きは鈍く、底を這い回るものが多い。

体は左右相称で、腹背があります
不明瞭ながら頭部が区別できます。

前端に口、後端に肛門があり、いわば典型的な蠕虫です

附属肢や触手など見かけ上で目立つ構造はないが、
前端には、口に内蔵された吻があり、これをのばして摂食などに利用する。


殆んど、底生生活をおくります

一部に浮遊生活のものが知られる。

大部分の種が海産ですが
淡水産、陸生の種もわずかに知られています。

体長は数mm〜十数m。

特に、Lineus longissimus というヒモムシは
体長 30〜55mに達する

Lineus longissimusは、動物のなかでも最大の体長をもつ種の1つに挙げられています。

かつては、扁形動物に近縁の原始的な後生動物と考えられていましたが、
現在では見解が変わっています。

特徴ですが…
体はその名の通りに細長く
体は柔らかい

非常によく伸び縮みします

表皮は粘液に覆われ、また繊毛がある。

粘液に、テトロドトキシン等の神経毒を含む物も存在します


左右対称で腹背がある。
体はさほど厚みがない
背中側にふくらみ腹面は扁平です。

背面には模様があるものもある。

体は前端から後端までほぼ変わらない太さだが、前端から少し後ろでややくびれるものが多く、
これは頭横溝と呼ばれます

ここから先が頭部と言われますが
実際はこの少し後方までが頭部としての構造を持つ

しかし、頭部と他の部分ははっきりと区別できない。


頭部には外見上なにもないが、実際には眼点などの感覚器が並んでいる。
一対の頭感器と呼ばれるものが頭部に開いた穴の内部にあり、これが化学物質の受容を行っているとされます


口は体の前端の下面にあり、
消化管は後方へと直線的に続き、後端の肛門につながる。


前頭部に長い吻(ふん)を持ち
吻の先端に針を持つものと持たないものがあります

これによってヒモムシ類が無針類と有針類に区分される。


循環系として、高度な閉鎖血管系を持っています

体側面の柔組織の中を走る側血管、背面にある一本の背血管が体の前後で互いにつながっており
背血管の一部は吻腔に入り、その部分が心臓です

排出系としては原腎管もある。


神経系は、はしご形神経系で、体側の腹面側を走る一対の縦走神経が前頭部の消化管の上で結合して脳を構成します。

ヒモムシ類は雌雄異体で、生殖腺は体の中央から後方にあり、複数が両側面に対をなして並び、それぞれ体側に口を開く。


卵生であり、放出された卵は粘液またはゼラチン質にくるまって卵塊を作る。


浅瀬の岩の間や泥の中から 4000mの深海まで、広い範囲に生息しています


湿った陸上の土壌や淡水中に生息する種もいる。


食性は殆んど肉食

突き出した吻を獲物に巻きつけて捕らえ食します

魚をも食べる

また、吻の先端に毒針がついており、これを用いて他の動物を捕食する種もいます。


体長の3倍の長さまで吻を伸ばす種がいる。

一部に貝などに寄生生活する種が知られています。


2017年10月2日、日本の研究グループは
小笠原諸島の父島・母島から、小笠原の固有種である土壌動物の陸生甲殻類(ワラジムシ類やヨコエビ類)が消えた原因は、
陸生のヒモムシの1種(未同定の新種で外来種)であることを発表しました。

これらのヒモムシに補食され絶滅したと思われます


ヒモムシです
ヽ( ̄▽ ̄)ノ


お盆近いのでオカルトっぽいモノをね〜


これ、殆んどUMAです


ヒモムシは
世界でも有数の
外見が気持ち悪い生物です


しかも、新種が多く
発見されていないモノもあり
生態もよくワカリマセン…


なお、毒を持ってるモノがいるので

ヒモムシを見かけたら近付いたらダメですよ〜


毒性ですが
どのくらい強いのか解りません
あまり、研究されて無いので…

なお、一部のヒモムシは
フグ毒並みらしい…


だが、しかし

毒で狩りをするらしいので

それなりに強力な毒です

なお、ヒモムシの1種は
シロナガスクジラより
体長が長いですよ〜


もしかして、世界一かも…

しかし、幅は5〜10mmくらいなんですけどね…


ホントにヒモだ♪

« 炭酸水〜 | トップページ | ホウズキ〜 »

無料ブログはココログ