« ヒヤシンス〜 | トップページ | アイスクリーム頭痛〜 »

2020年9月18日 (金)

ダイコン〜

Image0017_20200918031801

こん〜(/▽\*)

ATMですよ〜


なんか、少なくなってませんか?


コンビニに簡易的なATMあるけど…

銀行ATMとか少ない…

特に、郵便局ATMですよ〜


いきなり少なくなったね!?


なんで〜(・・?)


スゴく困ります!!


そんなに赤字なのか?

えぇー?


もしや、ネット銀行にしろ

って言う…事かな?


ネット銀行はダメだよ〜

セキュリティ
ガバガバだよ〜

はぁ…

んで今夜はダイコンのお話♪


いや、匂いがね…

苦手です…


今日は、かいわれ大根の日らしい…

かいわれ協会が1986年9月18日に
無農薬の健康野菜である「かいわれ大根」にもっと親しんでもらおうと「かいわれ大根の日」を制定しました。

9月18日に決めた理由ですが
18は8を横にし、下に1を置くと
かいわれ大根の形になるからだって…


そうですか…

ダイコン(大根:英:Daikon、Japanese radish:学名:Raphanussativus var. hortensis)は、

バラ類アブラナ目アブラナ科ダイコン属の越年草です

野菜として広く栽培されています。


原産地は…
地中海
もしくは中央アジア

日本、中国、ヨーロッパなど各地で主に肥大した根を食用としています

なお、葉も食材となり
種子から油を採ることもある。

緑黄色野菜で、淡色野菜です


多くの品種があり、根の長さ・太さなどの形状が多様

また、皮の色も白以外に赤、緑、紫、黄、黒などがあります


日本においては
品種・調理法とも豊富で、
世界一大きくて重い桜島大根や、世界一長い守口ダイコンなどの種類があり、日本人にとって欠かすことのできない野菜となっています


特徴ですが…
葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料として使われる。
他にビタミンCやジアスターゼを多く含みます。


春の七草の一つ「すずしろ」であり、
薬味や煮込み料理にも使われ、利用の幅は広い。

なお、ダイコンは薬草であり、消化酵素を持っています

他に、血栓防止作用や解毒作用がある。


ダイコンは和名で、
別名としてスズシロ、オオネとも呼ばれています。

名の由来ですが、古くは「大きな根」を意味する大根(おおね)の字が当てられていました

後に音読みで「だいこん」と呼ばれるように


日本のダイコンは根茎部分が白い品種で、スズシロ(清白、蘿蔔)の別名もこれに基づいています。


外国語名では
英名はラディシュ(radish)
仏名がラディ (radis) 、
伊名はダイコン (daikon) あるいはラヴァネロ・ジャポネーゼ (Ravanellogiapponese)

英語のラディッシュ(ラディッシュ)は、ラテン語で根を意味するradix に由来しています


学名は、
標準学名が Raphanussativus var. hortensis 、広義にはRaphanus sativus
シノニムは、Raphanus acanthiformisや、Raphanus sativus var.longipinnatus としている。

外見ですが…
野菜として栽培される越年草であり

いわゆる大根とよばれる肥大部は茎と根からなっています

品種によって地上に伸び上がるものと、ほとんど地中にあるものがある。

根出葉は束生し、倒披針形で羽状に深く裂ける羽状複葉

頂小葉は大きく、ふつう粗い毛がある。

太い主根は主軸が肥大して食用となる。


花期は春で、地上茎が約1mほど立った先に総状花序をつけます

アブラナ属と似た白色または淡紫色の十字状の花をややまばらに付ける。

果実は、長さ4〜6cm

多数のくびれがあり、くびれ毎に1個ずつ赤褐色の種子が中に入り、種子数はアブラナ属より少ない。


茎は、葉の付け根の低い三角錐部分で、食用にはされません。

また、一般的に根と呼ばれる食用部分のうち地上部分は、発生学的には根ではなく、胚軸に由来する中間的な性質を持っています。

光に応じて葉緑体を発達させる茎の性質があります

ダイコンですよ

旬は今からか…な?


年に2回、種を蒔いて収穫するよね

アハハ…


私は根菜類は苦手です…

« ヒヤシンス〜 | トップページ | アイスクリーム頭痛〜 »

無料ブログはココログ