« アポロ〜 | トップページ | きんつば〜 »

2020年9月26日 (土)

どら焼〜

Image0032_20200926040901

こん〜(/▽\*)

台風が通り過ぎた後の方が
雨が強いって…


なんだろね?


台風が近づくと前線が活発になるのは
理解できますが…

なんだろね?


やはり、気温差か!?


寒気が入ってるから!?


う〜

誰か教えて…


解りません
( 〃▽〃)

んで〜今夜はどら焼きのお話♪


ドラえもん?


ドラえも〜ん♪


ちなみに
どら焼が
たくさんあれば


ドラえもんを
買収出来ます〜


ワイロ〜
♪ヽ(´▽`)/

どら焼き(銅鑼焼き、ドラ焼き、どらやき)は、
やや膨らんだ円盤状のカステラ風生地2枚の間に
小豆餡を挟み込んだ和菓子です


どら焼きの名称ですが…
一般に、形が打楽器の銅鑼(どら)に似ている事からついたと言われていますが
諸説あり、はっきりしません


初期のどら焼は現在と形が異なります

江戸時代のどら焼きは、
皮を一枚だけ用い、端の部分を折りたたんだ四角形

片面の中央は、餡がむき出しの状態でした

現在のきんつばに良く似たもの


現在、日本で売られているどら焼きの生地は
西洋のホットケーキの強い影響を受けており、昭和20年代頃まで、どら焼きとホットケーキは混同されがちでした。


外見ですが…

小麦粉の生地を丸く焼き重ねた物で
直径は10cm前後
高さは2〜3cm
中に餡が挟まっている


餡には
基本的に小豆餡が使われているが、栗・餅などが入っている事もあります。

生地には、蜂蜜や黒糖などの糖類が混ぜ込んであり
しっとりとした口当たりがあります


どら焼ですよ〜


家で作るのは〜難しいです


生地がね…ムリなんです…

まあ、ホットケーキ生地にシロップを混ぜて

市販の小豆餡を使えば

似たものは出来ますけど…


市販のどら焼とは
形がね…(・・?)

« アポロ〜 | トップページ | きんつば〜 »

無料ブログはココログ