« シミュラクラ現象〜 | トップページ | 草団子〜 »

2020年9月23日 (水)

エビフライ〜

Image0028_20200923042201

こんー(/▽\*)

最近、猫ちゃんが帰ってきました

今まで…何処に行ってたんだぁ〜
(゜Д゜≡゜Д゜)

心配したよ〜
(;;)


まあ、野良の猫ちゃんなんですけどね

しばらく姿を見せなかったので…


猛暑が終わって

3日位前から
時々、窓の側で寝ています


この場所は陽が当たって暖かいんですよ


多分、日向ぼっこに来てる

か〜

うちの猫ちゃんに会いに来てるか?


ドッチだろ…

うーむ

んで〜今夜はエビフライのお話♪


なんで…名古屋?


うーむ…(・・?)

カキフライは広島?


テンプラは東京?


エビフライ(海老フライ)は、
海老を多量の食用油で揚げた日本発祥の料理です。

洋食の範疇ですが
日本で開発されたカツ料理の一つであり、
日本では代表的な洋食料理です。

海老を素材にカツの調理法によって作られた物で、多量の食用油を使用し
揚げて作ります

キャベツ、キュウリ、トマトなどの野菜が添えて出されることが多い。


多くの場合、タルタルソースやウスターソースなどをつけて食されます。

エビフライの素材は、高級店では主に車エビが使用されます
しかし、ブラックタイガーを使用する店も多い。


他に高級品でコウライエビ、イセエビ、ニシキエビなどを使う例もあります。

一般には
冷凍食品などで
安価なバナメイエビ(Litopenaeus vannamei) が用いられることが多くなっています。


エビフライの発祥は諸説あり、不明です。

1900年に、東京銀座の洋食屋「煉瓦亭」で豚カツ・メンチカツから着想を得て、
同様のフライ料理(カツ料理)として考案された説等があります。


他には、

明治時代にカツレツと天ぷらから考案された説。

西洋料理の魚のフライと、江戸料理のてんぷらが結びついてできたとする説。

1895年の『簡易料理』にイセエビやクルマエビの「フライ」が記載されていた説

1913年『食道楽続編 夏の巻』に「海老のカツレツ」の作り方が紹介されていた説。

等、はっきりしません


作り方ですが…

○殻をむいた海老の背わたを取ります

○ボールにエビをいれ
片栗粉大さじ1とエビが隠れる量の水を入れ
その中でエビを洗います

○その後、エビを軽く水洗いします

○揚げたときエビが丸まらないように
背中方向へ引き伸ばして筋繊維を切ります。
(腹側に何箇所か小さい切れ込みを入れ、背中から押しつぶし、ちぎれない様に気を付けて軽く引き伸ばします)

○エビの尻尾の先とトゲの先端を切り水を抜きます

○エビを、
小麦粉→溶き卵→パン粉の順に衣をつけます


○170〜180℃の食用油で揚げます。

○エビフライが浮いて来て
カリカリと音をたて始めたら出来上がりです


トンカツソースや中濃ソース、ウスターソース、レモンの果汁、タルタルソース、醤油、トマトケチャップなどをかけて食べることが多い。

なお、簡単に調理が出来る冷凍食品も多く販売されています

タレントのタモリさんが
かつて名古屋を揶揄する一連のネタの中で、

「名古屋弁では(エビフライを)エビフリャーと言う」

と発言したことが広がり、名古屋めしの一種であるかのような誤解が広がりました

しかし、その誤解に乗じて、エビフライを名物料理であるかのように提供する飲食店も、多数あります


三河湾は日本有数のクルマエビの産地であり、
元来、海老を使った料理が多い地域です


1990年、クルマエビは愛知県の魚として登録されました。


ちなみに
実際には、名古屋弁で外来語の「フライ」が老年層で「フレァー)」のような発音になる場合がありますが

「(エビ)フリャー」と発音することは

まず、ありません


エビフライです

エビのテンプラとは違うからね〜

だいたい、味が違うです
♪ヽ(´▽`)/

ドッチがイーか?


好みだね〜


濃い味が好きな人は
エビフライがイーかな?

私ですか?

ドッチも好き


エビって
赤い血が出ないからね

抵抗なく食べられます♪

« シミュラクラ現象〜 | トップページ | 草団子〜 »

無料ブログはココログ